【生物化学I】 [物理学科 3群 B選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
[化学科 3群 必修 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 寺林隆志
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
教育目標

生体を構成する物質について、分子としての構造を理解することにより、性質、機能を把握する。
酵素反応について、反応速度論と反応メカニズムの基本事項を理解する。

教育内容

水、タンパク質、糖質、脂質などの生体物質について、構造、性質、機能を解説する。
生体触媒である酵素について、反応速度論および、構造と機能との関連を解説する。

教育方法

パワーポイントを利用して講義を進行する。各画面をプリントとして配布するので、余白に必要事項を記入して講義ノートを作成する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

イントロダクション

寺林

講義概要説明、生化学の基礎知識

2回

水の構造

寺林

水の異常性、水素結合、疎水性相互作用

3回

弱酸の解離

寺林

解離定数、pH、ヘンダーソン・ハッセルバルヒの式、緩衝液

4回

アミノ酸

寺林

異性体、不斉炭素原子、側鎖の性質、等電点

5回

タンパク質(1)

寺林

タンパク質についての概論

6回

タンパク質(2)

寺林

タンパク質の精製、精製方法と分析方法

7回

タンパク質(3)

寺林

一次構造の決定方法(断片化と重ね合わせ)

8回

タンパク質(4)

寺林

ペプチド結合の共鳴構造、αヘリックス・β構造、ラマチャンドランプロット

9回

タンパク質(5)

寺林

球状タンパク質、繊維状タンパク質、高次構造と機能

10回

酵素(1)

寺林

酵素の一般的性質

11回

酵素(2)

寺林

反応速度論:ミカエリス‐メンテンの式、酵素の阻害

12回

酵素(3)

寺林

補酵素とビタミン

13回

糖質

寺林

糖質の分類。性質と機能

14回

脂質

寺林

脂質の分類。性質と機能

15回

生体膜

寺林

膜輸送とシグナル伝達

 
到達目標

生体を構成する物質について、基本的な構造、性質、機能について理解する。
酵素反応の基本事項を理解する。
複合糖質について理解する。

評価基準

期末試験、レポートおよび小テストの結果を総合して評価する。

準備学習
(予習・復習)

教科書を読んで予習し、講義に臨む。

その他

関数電卓や定規を使用することがある。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 生化学(第5版) ホートン 東京化学同人 7,344円
参考書 生化学(上・下)第3版  ヴォート 東京化学同人 各7,236円