【機器分析学】 [化学科 3群 必修 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
[生物科学科 3群 B選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 丑田公規
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
教育目標

各種機器分析のデータを総合的に見て、簡単な有機分子の構造決定ができるようになること。

教育内容

紫外可視吸収スペクトル(UV)、NMR(1H、13C)、赤外吸収スペクトル(IR)、質量分析スペクトル(MS)等の測定原理と測定装置、およびその結果の解釈の仕方。

教育方法

写真などの表示以外はパワーポイントの使用を避け、配布プリントと板書により学生の理解度を確認しながら授業を進める。
さらに、講義内容の基本的な部分について練習問題を用意して解かせる。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

分光学の基礎

丑田

原子や分子の量子力学的性質・電磁波の波としての性質

2回

電磁波と物質の相互作用

丑田

様々な電磁波の性質(波長・周波数・エネルギー)と原子・分子の係わり

3回

紫外・可視吸収スペクトル(1)

丑田

紫外・可視吸収スペクトルの測定原理・測定装置

4回

紫外・可視吸収スペクトル(2)

丑田

紫外・可視吸収スペクトルの解釈と分子構造

5回

核磁気共鳴スペクトル(1)

丑田

NMRの原理とスピンの歳差運動と緩和時間

6回

核磁気共鳴スペクトル(2)

丑田

プロトンNMRのケミカルシフトと分子構造・分子運動の関係

7回

核磁気共鳴スペクトル(3)

丑田

スピン-スピン結合定数とその計算法について

8回

核磁気共鳴スペクトル(4)

丑田

フーリエ変換NMRの原理・プロトンNMRの解析方法

9回

赤外分光法(1)

丑田

赤外吸収の測定原理・振動数と赤外吸収バンドの関係

10回

赤外分光法(2)

丑田

赤外吸収の装置と解析方法

11回

質量分析法(1)

丑田

質量分析スペクトルの測定原理と測定装置

12回

質量分析法(2)

丑田

質量分析スペクトルの解析方法と開裂反応

13回

核磁気共鳴スペクトル(5)

丑田

炭素13NMRの解析とスピンエコー

14回

核磁気共鳴スペクトル(6)

丑田

DEPTと2次元NMR

15回

まとめ

丑田

上記4つの手段による簡単な分子の構造決定の確認と復習

 
到達目標

教科書をハンドブックとして参照しながら、簡単な分子の構造決定ができるようになること。

評価基準

試験の結果で評価する。(試験において教科書は持ち込み可の予定)

準備学習
(予習・復習)

前回の講義内容の復習と練習問題の完全な理解。

その他

2SC後期の「有機化学実験」では、この授業で学ぶ基礎知識が必要です。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 有機化合物のスペクトルによる同定法(第8版) Silverstein 東京化学同人 4,935円
参考書 絶対微小~日常生活を量子論で理解する~ マイケル.D.フェイヤー著 丑田公規・吉信淳訳 化学同人 2,940円