【地球化学】 [物理学科 3群 B選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
[化学科 3群 A選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
[生物科学科 3群 B選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 有馬眞
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
教育目標

地球における物質の動態を化学的に理解する。

教育内容

地球における物質の起源、移動、変化、循環の様態を把握し,化学の知識・理論に基づいて、これらの事象についての物理的化学的理解を深める。

教育方法

講義による。プリントおよびAV機器を利用する。参考書は随時紹介する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

はじめに

有馬 眞

地球化学の体系と考え方

2回

地球・太陽系・宇宙

有馬 眞

地球の大局構造と地球化学

3回

元素・同位体・存在状態

有馬 眞

元素の分布と起源

4回

固体地球化学(1)

有馬 眞

元素の分布(マントルと中心核)

5回

固体地球化学(2)

有馬 眞

元素の分布(大陸地殻と海洋地殻)

6回

マグマの活動と化学分化(1)

有馬 眞

マグマの生成と分化過程

7回

マグマの活動と化学分化(2)

有馬 眞

火山噴火のメカニズム

8回

海洋化学(1)

有馬 眞

海水の化学と微量成分

9回

海洋化学(2)

有馬 眞

海洋底堆積物の起源と物質循環

10回

大気化学

有馬 眞

大気中微量成分の挙動と環境影響

11回

土壌の化学

有馬 眞

土壌の生成と生態系

12回

有機地球化学と化学進化

有馬 眞

有機物の生成と生命の誕生

13回

マントルと地殻の進化

有馬 眞

物質循環と地球史

14回

大気と海洋の進化

有馬 眞

物質循環と、海洋と海洋の進化

15回

まとめ

有馬 眞

全体の確認と復習

 
到達目標

化学、物理学、生物学、地学などの基礎知識の応用と拡大・深化の上に成り立っている地球化学について、概念・考え方の基盤を習得する。また、地球科学・環境科学・生物科学などの関連領域に展開する学際領域として地球化学をとらえ、他領域の展開における化学の概念・考え方の重要性・有効性を理解する。

評価基準

定期試験(80%)および課題レポート(20%)により評価する。なお欠席は減点する。

準備学習
(予習・復習)

プリントは事前に配布するので,準備学習に役立てること。

その他

参考書は授業時に紹介する。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)