【生物科学原著講読II】 [生物科学科 3群 必修 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 高松信彦 片桐晃子
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 演習  週1コマ
 
教育目標

研究において,英語の原著論文を検索して講読することは必須の作業である。生命科学の専門英語に慣れ親しみ,原著論文を読みこなす基礎を身につけることが本講義の目標である。

教育内容

分子生物学および免疫学の基本的かつ重要な原著論文を教材にして論文講読をする。

教育方法

複数のグループに分け,各グループが担当した論文についてパワーポイントを用いて解説する。学生の解説後に,全員で内容について討論する。必要に応じて,教員が補足説明をする。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

分子生物学

高松

論文の簡単な概説と発表方法の紹介

2回

分子生物学

高松

分子生物学の原著論文の講読

3回

分子生物学

高松

分子生物学の原著論文の講読

4回

分子生物学

高松

分子生物学の原著論文の講読

5回

分子生物学

高松

分子生物学の原著論文の講読

6回

分子生物学

高松

分子生物学の原著論文の講読

7回

分子生物学

高松

分子生物学の原著論文の講読

8回

免疫学

片桐

免疫学の原著論文の講読

9回

免疫学

片桐

免疫学の原著論文の講読

10回

免疫学

片桐

免疫学の原著論文の講読

11回

免疫学

片桐

免疫学の原著論文の講読

12回

免疫学

片桐

免疫学の原著論文の講読

13回

免疫学

片桐

免疫学の原著論文の講読

14回

免疫学[まとめ]

片桐

8〜13回のまとめ

15回

まとめ

高松
片桐

全体の確認と復習

 
到達目標

英語の原著論文を読み,内容を把握できることを目標とする。

評価基準

論文の理解度及び期末に実施する試験により総合的に判断する。なお,欠席は減点する。

準備学習
(予習・復習)

講義で使用する論文を事前に配布するので,講義前に読んで,専門用語の意味などを理解しておくこと。講義後にも論文を再読し,内容の理解を深めること。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)