【代謝学II】 [生物科学科 3群 A選択 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 花岡和則
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
教育目標

代謝学Ⅰで学んだ内容を確認しつつ、それに関連した生命現象を学び、生物学の分子的理解を深めることを目標とする。

教育内容

糖代謝、脂質代謝、アミノ酸および核酸代謝について復習するとともに、関連した生物現象について最近の知見を様々な観点から学習する。

教育方法

毎回講義プリントを配布する予定。基本的には講義を中心に、講義の理解を深めるための小テストなどを随時実施する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

序論

花岡

代謝学と生命現象

2回

タンパク質と酵素

花岡

タンパク質の高次構造

3回

糖代謝(1)

花岡

糖代謝概論。解糖系、酸化的リン酸化

4回

糖代謝(2)

花岡

電子伝達系とアポトーシス

5回

糖代謝(3)

花岡

幹細胞、がん細胞における糖代謝の特性

6回

脂質代謝(1)

花岡

脂質代謝概論

7回

脂質代謝(2)

花岡

代謝からみたオルガネラと生体膜

8回

脂質代謝(3)

花岡

褐色・白色脂肪細胞と肥満

9回

脂質代謝(4)

花岡

コレステロールの生合成と生理的機能

10回

アミノ酸代謝(1)

花岡

アミノ酸代謝概論

11回

アミノ酸代謝(2)

花岡

アミノ酸から生成される生体機能分子

12回

アミノ酸代謝(3)

花岡

多能性幹細胞、組織幹細胞とアミノ酸代謝

13回

組織特異的代謝(1)

花岡

神経、筋肉における代謝特性

14回

組織特異的代謝(2)

花岡

肝臓、胚、赤血球における代謝特性

15回

まとめ

花岡

全体の確認と復習。

 
到達目標

生物学に対する総合的理解力、学術論文の読解力を向上させる。

評価基準

定期試験

準備学習
(予習・復習)

「生物化学」「代謝学Ⅰ」の該当部分を復習。

その他

原則として代謝学I の受講者を対象とする講義。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 ホートン「生化学」 鈴木紘一他訳 東京化学同人 7,140円
レーニンジャー新生化学(上下) 川嵜敏祐 監修 廣川書店 各8,800円