【生徒指導論】
 
単  位:2単位 単位認定者: 市毛正仁
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
教職課程科目 生徒指導、教育相談及び進路指導等に関する科目
各科目に含めることが必要な事項 ・生徒指導の理論及び方法
 
授業の目的

生徒指導の本質を考え、理念を理解し、実践能力を身につける。また、生徒指導と他の教育活動との関わりなどについて認識する。

教育内容

生徒指導の意義、内容、指導法、及び留意点等

教育方法

レジュメを用いた講義形式を中心としながら、グループワークや発表も取り入れながら授業を展開する。新聞記事や関連の文献を紹介し、講義のテーマをより幅広く考察する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

オリエンテーション

市毛 正仁

講義のねらい、進め方について説明を受け、生徒指導についてのあり方を考える。

2回

生徒指導の意義

市毛 正仁

生徒の健全な成長を促す上で の、生徒指導の役割について考える。

3回

生徒理解のための視点と方法Ⅰ
(客観的理解と共感的理解)

市毛 正仁

生徒指導の前提となる生徒理解について、特に、共感的理解についての考え方と方法について学ぶ。

4回

生徒理解のための視点と方法Ⅱ
(発達段階に応じた指導)

市毛 正仁

思春期・青年期の心理的な特徴や感情について知り、生徒指導に活かす。

5回

生徒理解のための視点と方法Ⅲ
(事例研究)

市毛 正仁

前回、前々回で学んだことを使いながらグループワークを通して事例研究を行い、生徒指導における実践力を養う。

6回

生徒指導の内容Ⅰ(授業と生徒指導)

市毛 正仁

教科指導、道徳教育、総合的な学習の時間、特別活動が内包する生徒指導について認識する。

7回

生徒指導の内容Ⅱ(教育相談)

市毛 正仁

カウンセリングマインドに基づく生徒指導とは何かについて知り、生徒指導における教育相談の重要性を理解する。

8回

生徒指導の内容Ⅲ(事例研究)

市毛 正仁

前回、前々回で学んだことを使いながらグループワークを通して事例研究を行い、生徒指導における実践力を養う。

9回

生徒指導の方法(学校の指導体制)

市毛 正仁

生徒全体や個別に対するチームによる組織的な支援等、生徒指導の特徴や方法について理解する。併せて、学校の生徒指導体制の確立と課題等について考える。

10回

生徒指導に関する法律等

市毛 正仁

懲戒・体罰などの法的根拠を知り、校則などについて考える。

11回

生徒指導に関わる実践事例研究Ⅰ
(教育実習とは)

市毛 正仁

実際に教育実習をしてきた先輩から、失敗談や留意点、やりがいなどの体験を直接、聞くことで、次年度の自分自身の教育実習に資する。

12回

生徒指導に関わる実践事例研究Ⅱ
(今日的課題から)

市毛 正仁

いじめ・暴力・登校拒否・情報モラル等の課題について考える。

13回

学校・家庭・地域との連携

市毛 正仁

生徒指導における基本的生活習慣の確立等の課題について、学校・家庭・地域の役割について考える。

14回

生徒指導に関する資質と能力

市毛 正仁

教師としての必要な資質、及び危機管理能力等について考える。

15回

まとめ

市毛 正仁

これまでの学習の総まとめをおこなう。

 
到達目標

・生徒指導の意義、並びに基本的な生徒指導上のスキルについて、具体的に説明ができる。
・適切な生徒指導とそうでない生徒指導を区別し、判断ができる。
・学校現場において、生徒指導に係る基礎的な対応を適切に行うことができる。
・仲間と協調し、保護者と連携しながら、生徒に寄り添った生徒指導を常に心がけることができる。

評価基準

定期試験(60%)、提出物(20%)、グループワーク・発表(10%)、リアクションペーパー(10%)

準備学習
(予習・復習)

復習として、毎回の講義内容をまとめておくこと。

その他

授業への主体的・積極的な参加を求める。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 なし。(毎回、レジュメを配布する。)
参考書 生徒指導提要 文部科学省 教育図書