【基礎物理学I】 [化学科 2群 必修 科目(配当年次: 第1学年 ) ]
[生物科学科 2群 必修 科目(配当年次: 第1学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 山村滋典 教員免許取得のための必修科目
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者: 科目:教科に関する科目(中・高 理科)
授業形態: 講義  週1コマ 施行規則に定める科目区分:物理学
 
教育目標

専門科目(化学・生物科学)理解の基礎として、自然現象を物理学の概念により理解し考察する力を身につける。

教育内容

力学の分野について基本概念を講義する。

教育方法

教科書の内容を抜粋、補足し板書による講義を展開する。また、毎回、講義の最後に前回の講義に関する問題を解くことにより学習内容の定着を図る。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

はじめに
物体の運動の表現

山村

大学で学ぶにあたって、なぜ物理を学ぶのか
国際単位系、速度、加速度

2回

1次元の運動(I)

山村

等加速度直線運動

3回

1次元の運動(II)

山村

自由落下、加速度が一定でない運動、有効数字

4回

2次元の運動

山村

斜方投射

5回

運動の法則(I)

山村

運動の3法則、運動方程式

6回

運動の法則(II)

山村

運動方程式の適用例

7回

仕事とエネルギー(I)

山村

仕事、運動エネルギー

8回

仕事とエネルギー(II)

山村

ポテンシャル・エネルギー、力学的エネルギー保存則

9回

運動量と力積

山村

運動量、力積、運動量保存則

10回

等速円運動(I)

山村

角度・角速度・角加速度、等速円運動

11回

等速円運動(II)

山村

向心力と遠心力

12回

万有引力(I)

山村

万有引力の法則、重力

13回

万有引力(II)

山村

地球の自転と重力、高度と重力、地球の組成と重力

14回

万有引力(III)

山村

宇宙速度

15回

まとめ

山村

全体の確認と復習

 
到達目標

日常経験する自然現象を物理学の基礎概念により捉え直す。また、物理量についての基本的計算力を身につける。

評価基準

試験により評価する。

準備学習
(予習・復習)

講義の最後に前回の講義に関する問題を出すので、よく復習を行っておくこと。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 そこが知りたい物理学 大塚徳勝 共立出版 2,600円+税
参考書