【基礎物理学II】
(Physics Ⅱ)
[化学科 2群 必修 科目(配当年次: 第1学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 山村滋典 教員免許取得のための必修科目
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者: 科目:教科に関する科目(中・高 理科)
授業形態: 講義  週1コマ 施行規則に定める科目区分:物理学
 
授業の目的

専門科目理解の基礎として、自然現象を物理学の概念により理解し考察する力を身につける。

教育内容

電気、磁気、波動の分野について基本概念を講義する。

教育方法

教科書の内容を抜粋、補足し板書による講義を展開する。また、毎回、講義の最後に前回の講義に関する問題を解くことにより学習内容の定着を図る。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

静電気(I)

山村

摩擦電気、クーロンの法則、電場(1)

2回

静電気(II)

山村

電場(2)、電気力線、電場中の物質

3回

静電気(III)

山村

電位、電場と電位

4回

電気回路の基礎(I)

山村

電流、オームの法則

5回

電気回路の基礎(II)

山村

銅線中の電子の速さ、合成抵抗

6回

電気回路の基礎(III)

山村

キルヒホッフの法則、電気エネルギー

7回

磁気(I)

山村

磁気、磁気に関するクーロンの法則、磁場

8回

磁気(II)

山村

磁化、物質の磁化、ヒステリシス

9回

電流と磁気(I)

山村

電流による磁場、電磁力

10回

電流と磁気(II)

山村

電磁誘導、交流発電機

11回

波動(I)

山村

波、横波と縦波、波の表式

12回

波動(II)

山村

ホイヘンスの原理、反射、屈折

13回

波動(III)

山村

波の合成、干渉、回折

14回

山村

光、電磁波、光の性質

15回

まとめ

山村

全体の確認と復習

 
到達目標

日常経験する自然現象を物理学の基礎概念により捉え直す。また、物理量についての基本的計算力を身につける。

評価基準

試験により評価する。

準備学習
(予習・復習)

講義の最後に前回の講義に関する問題を出すので、よく復習を行っておくこと。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 そこが知りたい物理学 大塚徳勝 共立出版 2,600円+税
参考書 (なし)