【知的財産論Ⅳ】 [物理学科 3群 自由 科目(配当年次: 第3・4学年 ) ]
[化学科 3群 自由 科目(配当年次: 第3・4学年 ) ]
[生物科学科 3群 自由 科目(配当年次: 第3・4学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 廣田浩一
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
教育目標

知財の事例について論点を整理し、自ら解決できるようにする。

教育内容

多数の実例を用いて、論点・ポイントをグループで協議しながら検討してみる。

教育方法

原則、プリント等を用いて、板書しながら、説明を進め、必要に応じて参考書を用いて補足説明をする。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

事例①特許係争①

廣田

係争事例での論点整理、解決法の検討

2回

事例①特許係争①

廣田

係争事例での論点整理、解決法の検討

3回

事例②特許係争②

廣田

係争事例での論点整理、解決法の検討

4回

事例②特許係争②

廣田

係争事例での論点整理、解決法の検討

5回

事例③特許係争③

廣田

係争事例での論点整理、解決法の検討

6回

事例③特許係争③

廣田

係争事例での論点整理、解決法の検討

7回

事例④商標・不正競争係争①

廣田

係争事例での論点整理、解決法の検討

8回

事例④商標・不正競争係争①

廣田

係争事例での論点整理、解決法の検討

9回

事例⑤商標・不正競争係争②

廣田

係争事例での論点整理、解決法の検討

10回

事例⑤商標・不正競争係争②

廣田

係争事例での論点整理、解決法の検討

11回

事例⑥著作権係争①

廣田

係争事例での論点整理、解決法の検討

12回

事例⑥著作権係争①

廣田

係争事例での論点整理、解決法の検討

13回

事例⑦著作権係争②

廣田

係争事例での論点整理、解決法の検討

14回

事例⑦著作権係争②

廣田

係争事例での論点整理、解決法の検討

15回

総括

廣田

係争事例での解決法の確認

 
到達目標

知財の事例について論点を整理し、自ら解決できるようにする。

評価基準

レポートの提出状況・内容を総合的に判断し、欠席は減点とする。

準備学習
(予習・復習)

毎回の講義を復習しておくこと。知財に関するニュースについて興味を持ち、考えてみること。

その他

知的財産論I~Ⅲを未受講でも受講可能。知的財産論Ⅲを受講していると望ましい。
理系人材が知財実務を行うのが最適であること、知財実務は企業における最重要業務であることを実感してもらいたい。就職先に知財業界も視野に入れてもらいたい。
※なお、履修登録者が5名未満の場合は開講しない。テキスト・資料は必要に応じて配布する。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)