【教職実践演習(中等)】
 
単  位:2単位 単位認定者: 田中保樹 山本明利
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 演習  集中
 
教職課程科目 教職実践演習
各科目に含めることが必要な事項
 
授業の目的

教職課程の総まとめとして教員としての実践的な指導力の形成及び使命感や責任感の最終的な確認を目標とし、社会性や対人関係能力の向上を目指しながら、特に教科指導力及び生徒指導に関わる指導力の修得を目指す。

教育内容

授業力の向上に関する学習、生徒指導に関する学習、学級経営に関する学習を中心に、テーマに基づく研究協議、発表を行うとともに、卒業生の現職教員に話を聞く、ベテラン教員の授業を見学する、学校現場や教育研究機関の訪問を行うなど実践的な学習を行う。

教育方法

講義、事例研究、グループ討議、模擬授業及び、学校現場・教育研究機関の見学・調査等において、学生自身が主体的に研究・実践・発信する方法を取り入れる。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

ガイダンス

田中、山本

教職実践演習の概要と目的を理解し、履修カルテを見ながら自らの学びを振り返る。

2回

教職に関わる学習

田中、山本

教育実習の振り返りによる教育課題の検討、発表、講義講評(まとめ)

3回

防災・事故防止に関する学習

田中、山本

理科教育・学校運営における事故防止、防災計画等に関する講義の受講及び、研究協議。

4回

生徒指導に関する学習1

田中、山本

生徒指導について教職に就いている卒業生から学校現場の状況について講義を受ける。

5回

生徒指導に関する学習2

田中、山本

生徒指導に関する事例研究。グループ討議、発表、講義講評(まとめ)

6回

今日的教育課題関する学習

田中、山本

教育研究機関を訪問し、施設見学及び、今日的教育課題に関する講義を受講する。

7回

理科教育に関わる今日的教育課題関する学習

田中、山本

教育研究機関において、理科教育に関わる今日的教育課題に関する講義を受講する。

8回

高等学校の見学及び調査

田中、山本

県立高等学校を訪問し授業及び校内施設の見学、各校の教育活動に関する講義を受講する。

9回

授業力向上に関する学習1

田中、山本

「理科の達人」の先生による模範授業を受講する。

10回

授業力向上に関する学習2

田中、山本

模範授業の分析及び、授業力向上に関するグループ討議。

11回

授業力向上に関する学習3

田中、山本

グループによる学習指導案の研究及び協議。

12回

学級経営に関する学習1

田中、山本

学級経営について、教職に就いている卒業生から学校現場の状況について講義をうける。

13回

学級経営に関する学習2

田中、山本

学級経営に関する事例研究。グループ討議、発表、講評(まとめ)

14回

実践的指導力の向上に関する学習

田中、山本

学校現場での実践的指導力向上に関するグループ討議、発表、講評(まとめ)

15回

実践的指導力の確認とまとめ

田中、山本

自己の教育課題に関する研究の成果を提出する。

 
到達目標

教科や生徒指導に関する実践的指導力の育成を図り、教員としての使命感や責任感を確かなものにする。新任教員として学校現場に着任した際に当面の業務に支障を来さない水準の指導力を身につける。

評価基準

講義ごとの提出物及び、教育調査、研究協議、講義への取り組み状況等を総合的に評価する。

準備学習
(予習・復習)

日頃から新聞、雑誌、報道番組等の教育・科学に関する記事に注意を払い、疑問点や自分の意見をメモしておき、講義に活用すること。
講義ごとにまとめのレポートを作成すること。

その他

教職を目指す者としてふさわしい姿勢と態度で授業に臨むこと。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 なし(適時資料を配付)
参考書 なし(適時紹介する)