【統計データ解析】 [物理学科 3群 A選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 守真太郎
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 演習  集中
 
教育目標

データ解析の基本を身につけること

教育内容

Rというフリーの統計解析環境ソフトを操作し、実際のデータをもとに、基本的な統計解析の方法を習得

教育方法

情報演習室のパソコンを使い、Rという統計解析環境下でのデータ解析を学ぶ
テキスト「Rで学ぶデータ解析」をもとに演習をすすめる
テキストは講師のWEBサイトでダウンロード可

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

R?

Rの起動、終了、電卓

2回

記述統計I

ヒストグラム、平均、分散、いろいろな分布

3回

記述統計II

正規分布、標準化

4回

記述統計III

2つの変数の記述統計、散布図、共分散、相関係数

5回

記述統計IV

線形回帰と最小二乗法、回帰系数、決定係数

6回

確率

モンテカルロシミュレーション

7回

推測統計I

母比率の推定、信頼区間、信頼係数

8回

推測統計II

母平均の推定:大標本の場合

9回

推測統計III

母平均の推定:正規乱数の場合

10回

回帰分析

単回帰分析

11回

回帰分析II

ロジスティック回帰分析

12回

回帰分析III

ROC曲線、AUC,AR

13回

回帰分析IV

実験データの解析

14回

最尤法

尤度比検定、適合度検定

15回

まとめ

全体の確認と復習

 
到達目標

データのグラフ化、母数の推定、回帰分析による相関関係の定量化、カイ自乗検定などの基本的な統計解析を習得

評価基準

演習課題(80%)+期末レポート(20%)

準備学習
(予習・復習)

講義「統計学」を必ず履修すること
テキストを事前に目を通し、その日の課題を把握しておくこと
各自のパソコンにRをインストールし、演習課題を復習するのが望ましい。

その他

なし

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 Rで学ぶデータ解析 守真太郎 0円
参考書 (なし)