【知的財産論II】
(Intellectual property theoryⅡ)
[物理学科 3群 自由 科目(配当年次: 第2・3学年 ) ]
[化学科 3群 自由 科目(配当年次: 第2・3学年 ) ]
[生物科学科 3群 自由 科目(配当年次: 第2・3学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 廣田浩一
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
授業の目的

社会人業務の必須知識「知的財産」の基礎知識を習得させる。国家資格「知的財産管理技能士(3級)」の取得を目指し、就職乃至就業後に役立たせる。

教育内容

特許法、実用新案法、意匠法、商標法、著作権法、不正競争防止法、国際条約を詳細に説明する。知財検定(3級)の過去問を学習素材に使用する。

教育方法

原則、知財検定の過去問を用いて、板書しながら、実際の業務も紹介しながら説明を進め、必要に応じて参考書を参考にして補足説明をする。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

知財実務紹介・業界トピックス

廣田

知財実務の醍醐味、弁理士の仕事など

2回

企業・組織と知的財産

廣田

知的財産と企業戦略、国家戦略など

3回

特許法①

廣田

特29条の2、職務発明、補正など

4回

特許法②

廣田

特許権の均等論侵害、無効審判など

5回

特許法③・実用新案法

廣田

訂正の請求、特許法との相違など

6回

意匠法・商標法ほか

廣田

部分意匠、関連意匠、取消審判など

7回

特許実務紹介

廣田

特許実務や特許調査方法の紹介

8回

特許法演習①

廣田

知財検定(3級)過去問などの解説

9回

特許法演習②

廣田

知財検定(3級)過去問などの解説

10回

特許法演習③

廣田

知財検定(3級)過去問などの解説

11回

意匠法演習

廣田

知財検定(3級)過去問などの解説

12回

商標法演習①

廣田

知財検定(3級)過去問などの解説

13回

商標法演習②

廣田

知財検定(3級)過去問などの解説

14回

著作権法演習①

廣田

知財検定(3級)過去問などの解説

15回

著作権法演習②

廣田

知財検定(3級)過去問などの解説

 
到達目標

職務発明、特許権の均等論侵害、特許権侵害訴訟における否認と抗弁、実用新案法の特徴、意匠権・商標権・育成者権・著作権の侵害、不正競争行為、営業秘密、映画の著作物等、優先権、国際出願制度につき、説明できる。

評価基準

講義内で紹介する身近な知財事例に対する理解や、講義プリントで紹介する法律知識の理解を、自己の言葉で的確に説明することができるか等を総合的に評価する。

準備学習
(予習・復習)

毎回の講義を復習しておくこと。

その他

「知的財産論I」を受講していなくても受講可能だが、知的財産の基礎知識があることが望ましい。就職先に知財業界も視野に入れてもらいたい。
※なお、履修登録者が5名未満の場合は開講しない。テキスト・資料は必要に応じて配布する。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)