【細胞生物学Ⅱ】
(Cell BiologyⅡ)
[生物科学科 3群 必修 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 太田安隆 教員免許取得のための必修科目
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者: 科目:教科に関する科目(中・高 理科)
授業形態: 講義  週1コマ 施行規則に定める科目区分:生物学
 
授業の目的

多細胞生物におけるシグナル伝達機構と細胞応答について概説する。

教育内容

主に動物細胞に関する、細胞内シグナル伝達機構について概説し,増殖因子や接着分子からの刺激が細胞増殖,分化、運動に至るシグナル伝達経路を紹介する。また、シグナル伝達と細胞のがん化の関係を概説する。

教育方法

板書を多用する講義を行う。学生の理解を深めるため、講義内容を図示したプリントを配布し、パワーポイントによる講義内容の復習を行う。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

組織の成り立ち(1)

太田

細胞接着の様式について学ぶ。

2回

組織の成り立ち(2)

太田

上皮細胞の細胞間結合について学ぶ。

3回

組織の成り立ち(3)

太田

細胞接着分子について学ぶ。

4回

組織の成り立ち(4)

太田

細胞外マトリックスについて学ぶ。

5回

組織の成り立ち(5)

太田

インテグリンについて学ぶ。

6回

シグナル伝達(1)

太田

受容体について学ぶ。

7回

シグナル伝達(2)

太田

GTP結合タンパク質について学ぶ。

8回

シグナル伝達(3)

太田

GTP結合タンパク質に共役する標的酵素について学ぶ。

9回

シグナル伝達(4)

太田

カルシウムシグナリングについて学ぶ。

10回

シグナル伝達(5)

太田

リン酸化と脱リン酸化について学ぶ。

11回

シグナル伝達(6)

太田

受容体型チロシンキナーゼによるシグナル伝達について学ぶ。

12回

シグナル伝達(7)

太田

非受容体型チロシンキナーゼによるシグナル伝達について学ぶ。

13回

細胞のがん化(1)

太田

がんの細胞生物学について学ぶ。

14回

細胞のがん化(2)

太田

がん遺伝子について学ぶ。

15回

まとめ

太田

全体の確認と復習

 
到達目標

細胞内シグナル伝達と細胞応答の関係を理解し、細胞生物学の研究が行える基礎を作る。

評価基準

定期試験により、その理解度を評価する。

準備学習
(予習・復習)

教科書を読んで予習し、配布プリントや講義ノートを参考にして前の授業の内容を理解し、次回の講義に備える。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 細胞の分子生物学 第6版 Bruce Alberts他 ニュートンプレス 24,084円
参考書 (なし)