【有機化学I】 [化学科 3群 必修 科目(配当年次: 第1学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 真崎康博 教員免許取得のための必修科目
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者: 科目:教科に関する科目(中・高 理科)
授業形態: 講義  週1コマ 施行規則に定める科目区分:化学
 
教育目標

化学結合論を踏まえた有機化合物の構造、性質、反応性を学ぶことにより、有機化学の考え方の基本原理を把握する。これにより、一見複雑に思える有機化合物のさまざまな反応や性質を、合理的に説明できるようにする。

教育内容

高等学校の化学との接続を考慮し、初めに化学結合について学んだ上で脂肪族炭化水素およびそれらの誘導体の構造、命名法、性質、反応について学習する。有機分子の構造を三次元的にとらえ、反応や性質を立体構造を基に理解する力を養うために立体化学の基礎を学ぶ。

教育方法

基本的に教科書の内容にそって板書を行いながら解説を進め、必要に応じて資料を配付する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

炭素炭素結合の性質

真崎

π結合とσ結合

2回

アルカンの反応

真崎

アルカンの代表的反応、ラジカル反応

3回

アルケンとアルキンの付加反応1

真崎

アルケンとアルキンの付加反応入門

4回

アルケンとアルキンの付加反応2

真崎

炭素陽イオン、ラジカル、炭素陰イオンと付加反応

5回

アルケンとアルキンの付加反応3

真崎

様々な付加反応、問題演習

6回

アルケンとアルキンの付加反応4

真崎

様々な付加反応、問題演習

7回

立体化学

真崎

構造異性と立体異性体、キラリティー、R/S表示法

8回

立体化学

真崎

光学活性、不活性、ジアステレオマー

9回

立体化学

真崎

化学反応と立体化学

10回

環状化合物

真崎

環状化合物の立体化学、配座平衡

11回

環状化合物

真崎

環と歪み、シクロヘキサンの立体化学

12回

環状化合物

真崎

ビシクロ化合物、トピックス

13回

様々な有機化合物

真崎

ハロゲン化アルキルと有機金属化合物、グリニャール反応

14回

様々な有機化合物

真崎

アルコールとアミンの性質、アルコールとアミンの命名法

15回

様々な有機化合物

真崎

エーテルおよび含硫黄化合物の性質、エーテルおよび含硫黄化合物の命名法

 
到達目標

1.有機分子の結合と三次元構造を正確に把握できること。
2.炭化水素を主とした有機分子の立体化学も含めた命名法を身につけ、名称から正確な構造が描けるようになること。
3.有機化合物の基本的な反応について理解し、そのパターンを確実に習得すること。

評価基準

期末試験(100 %)で評価する。出席状況に応じて減点する場合がある。

準備学習
(予習・復習)

指定した教科書にそって解説を進めるため、事前に該当する項目を読むなどして予習すること。また、復習として各章中の問題および追加問題を解くことを勧める。

その他

分子模型(丸善HGS分子構造模型C型セット:4,320円)を用いると、分子の立体構造を構造、運動を考える上で便利である。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 ジョーンズ有機化学第5版、上・下 Maitrand Jones, Jr., S.A. Fleming 東京化学同人 各7,020円
参考書 有機化学演習-基礎から大学院入試まで- 山本 学、伊与田正彦、豊田慎司 東京化学同人 4,104円