【分子生物学実験】
(Experiments in Molecular Biology (Laboratory) )
[生物科学科 3群 必修 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:1単位 単位認定者: 高松信彦 教員免許取得のための必修科目
授業期間: 後期  30コマ 科目分担者: 伊藤道彦 田村啓 塚本大輔 科目:教科に関する科目(中・高 理科)
授業形態: 実習  施行規則に定める科目区分:生物学実験(「コンピュータ活用を含む。」)
 
授業の目的

核酸の取り扱いを中心に,遺伝子工学につながる分子生物学的手法の基本技術を修得することを目標とする。

教育内容

核酸の調製や電気泳動による解析,大腸菌への遺伝子導入。

教育方法

配布した実習書に基づいて教員が実験内容・操作を説明後,グループに分かれて実験を行う。教員およびTAが,必要に応じて実験の指導を行う。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回 〜2回

大腸菌への遺伝子導入

高松,伊藤,田村,塚本

コンピテントセルを調製し,プラスミドDNAを導入して,大腸菌の形質転換を行う。

3回

プラスミドDNAの調製

高松,伊藤,田村,塚本

大腸菌からボイリング法によりプラスミドDNAを調製し,アガロースゲル電気泳動で解析する。

4回 〜6回

制限酵素地図の作製

高松,伊藤,田村,塚本

プラスミドDNAを制限酵素で切断,アガロースゲル電気泳動によりDNA断片の大きさを算出して,制限酵素地図を作製する。

7回 〜9回

サザンハイブリダイゼーション

高松,伊藤,田村,塚本

カエルの組織からゲノムDNAを調製し,紫外線吸収によりDNA量を測定する。ゲノムDNAを鋳型としてPCRにより性決定遺伝子領域を増幅する。PCR産物をアガロースゲルで電気泳動し,サザンハイブリダイゼーションにより雌雄判定を行う。

10回

まとめ

高松,伊藤,田村,塚本

試験と解説

 
到達目標

核酸の性質を理解し,ゲノムDNAやプラスミドDNAの取り扱いに慣れる。

評価基準

レポート,実習状況および実習終了時の試験により総合的に評価する。

準備学習
(予習・復習)

実習書を予めよく読んで実習に臨むこと。各課題毎に実習書を参照しながら,実験結果を纏め,結果を考察してレポートを作成することにより,実習内容・原理を復習し,理解を深めること。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)