【道徳教育論】
 
単  位:2単位 単位認定者: 中野美昭
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
教職課程科目 教育の基礎理論に関する科目
各科目に含めることが必要な事項 ・道徳の指導法
 
教育目標

知識基盤社会において必要とされる自国文化や伝統への深い理解、他国文化への尊重意識の育成及び自己肯定感や自尊意識、思いやる心を育み、国家、社会の責任ある形成者としての参画及び貢献意識の育成が喫緊の課題となっている。その担い手としての道徳教育の果たす役割は多大なものであり、道徳を通じてそれらの理念を若者に浸透させ、理解させていく指導者の育成を図る。

教育内容

道徳教育の意義や歴史的変遷及びこれからの在り方にも実践例を提示し触れると共に、ややもすると座学的に陥りやすい道徳の講義を喫緊の課題についても考えさせ、意見をまとめ発表させる事により改善を図りたい。また、「道徳の教科化」を目前に控え、講義内容をより学校現場に即した実践力向上を目指すために、「道徳指導案」の作成、それを基にした「模擬授業」の展開へと講義を発展させ、講義の質を高め、受講者の主体的な学びの姿勢を育成する。

教育方法

多様な学習形態を駆使して、思考力・判断力・表現力を育成する。その具体として受講者の主体的な「学びの姿勢」や実践力を体得させるため、グループ学習、ペア学習を通じて討論、検証・分析、再考、発表を展開し、自分で課題を発見し、検証し、課題解決を図っていく「アクティブ・ラーニング」手法を展開し、講義の目標を達成する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

オリエンテーション

中野

①講義概要説明=「講義のねらいや評価全般」について
「講義内容」説明「教科書・参考書」について
②自分が受けてきた道徳教育を振り返る。(ペア学習→発表→討議→総括)

2回

道徳教育とは

中野

①道徳教育の歴史(教科書を活用しての一斉学習)
②道徳と倫理、法と道徳等について考える。(個々の考察→討議→発表→総括)

3回

これからの道徳教育の在り方について(教科化を目前に控え)

中野

①中教審答申(これからの初等・中等教育の在り方)H26.11
②道徳教育充実懇談会報告「今後の道徳教育の改善・充実方策について」 
③道徳教育の意義と果たす役割とは (一斉学習)   

4回

教育現場(小中)における道徳教育の現況と必要性

中野

①現場の実態 
②児童・生徒の実態(いじめ・不登校、規範意識低下)
③社会の歪み(バイトテロ・格差社会)(個々の考察→討議→発表→総括)

5回

学習指導要領と道徳教育

中野

①学習指導要領とは 「道徳」の目標と内容
②「道徳の時間」の位置づけ
③指導形態(一斉学習)

6回

教育現場(小中)における道徳授業の実践と指導方法

中野

①「道徳」の時間の現況
②想定される指導法と学習形態
③思考力・判断力・表現力の育成を通じての「コミュニケーション能力」の育成

7回

「自分なりの道徳教育論について」PART1

中野

①何を学ばせるのか
②どんな心を育成していくのか
③その指導方法は 
3点にわたり「個々の考察→グループ討議→再考して集約→代表による発表→全体討論→総括」のサイクルを展開する。

8回

「自分なりの道徳教育論について」PART2

中野

5人×7G=35人を構成し、二回の講義を通じて10G発表させる。(アクティブ・ラーニング手法)*発表者には奨励として評価加点を実施。

9回

学校教育目標の具現化=「育成すべき子ども像とは」

中野

①学校教育目標とは
②育成すべき子ども像の設定
③子どもたち・学校・家庭・地域の連携と協働
④信頼される学校像へ

10回

「子どもたちにどう伝え、道徳心を育成していくのか」=現場の実態

中野

①学校教育活動全体を通じて道徳心を育成
②道徳の時間を中核に各教科との連動
③学級会活動、児童・生徒会活動、学校・学年行事
④部活動 ⑤地域活動(ボランティア活動)

11回

「道徳学習指導案とは、その作成方法」について

中野

①「学習指導案」とは、また、なぜ作成が必要なのか
②「道徳学習指導案」の作成方法とは
③「道徳の評価全般」について
④個別作成(題材の決定等)⇒家庭学習で補充 *作業的学習

12回

「道徳学習指導案」を作成してみよう。

中野

①作成方法についての再確認
②指導案の個別作成
③ペアワークで再考
④個別に再考し完成に近づける⇒家庭学習で完成し、翌週提出   *作業的学習

13回

「学習指導案作成から模擬授業の展開へ」

中野

①「良い指導案」についての考察と説明
②模擬授業の展開についての説明(3人選出し1人授業15分間、質疑5分、総括5分で作成した指導案をもとに展開する。模擬授業者には加点評価)

14回

「模擬授業をやってみよう。」

中野

①模擬授業展開→質疑応答→総括(25分間)×3人=75分

15回

学習のまとめ

中野

①既習事項の振り返りと要点整理
②評価全般について
③定期テストについて

 
到達目標

「道徳の時間」において、何を学ばせ、どんな心を身に付けさせていくのか、個々の考察やグループ討議で考えを集約し、理解させていく講義を通じて、指導者として子どもたちにそれをどう伝え、道徳心をどう育成していくのか、その道徳指導法についての基本を体得できる。

評価基準

定期試験、発表(模擬授業等)、提出物(学習指導案等)、「振り返りシート」を含む授業への取り組み状況を総合的に評価する。積極的な講義への参加姿勢は加点とする。また、欠席は減点し、5回以上は不可とする。

準備学習
(予習・復習)

主体的な学びを具現化させるため、事前学習を実施すると共に、「振り返りシート」を活用し、既習事項を整理しておく。

その他

授業への主体的な参加を期待する。また、将来教職に就く者としての自覚を持ち、指導力の向上に向けて研鑽してほしい。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 道徳教育への招待 押谷由夫/内藤俊史 ミネルヴァ書房 2,400円
参考書 (なし)