【基礎化学II】 [生物科学科 2群 必修 科目(配当年次: 第1学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 梶山和政 教員免許取得のための必修科目
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者: 科目:教科に関する科目(中・高 理科)
授業形態: 講義  週1コマ 施行規則に定める科目区分:化学
 
教育目標

化学の基礎的な知識を習得し、生命現象を分子レベルで理解するための礎をつくる。

教育内容

気体状態、溶液状態、化学平衡に関する基礎的事項について解説し、問題演習により理解を深める。

教育方法

黒板を主に使用して、教科書の内容に沿って進行する。適宜プリントや演習問題の解説を行い、小テストによる問題演習で実力を養成する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

気体状態(1)

梶山

ボイル・シャルルの法則、ドルトンの分圧の法則に関する問題演習を行う。

2回

気体状態(2)

梶山

気体反応の法則、理想気体の法則に関する問題演習を行う。

3回

蒸気圧

梶山

飽和蒸気圧、ラウールの法則について解説し、混合液体の蒸気圧について理解する。

4回

溶液(1)

梶山

溶解度、濃度(重量百分率、モル濃度、重量モル濃度)、溶液の束一的性質を理解する。

5回

溶液(2)

梶山

溶解度、濃度、溶液の束一的性質に関する問題演習を行う。

6回

反応熱(1)

梶山

発熱反応、吸熱反応、熱化学方程式について解説する。

7回

反応熱(2)

梶山

生成熱、ヘスの法則について解説する。

8回

化学反応速度論

梶山

遷移状態、反応速度、速度定数、活性化自由エネルギー、触媒について解説する。

9回

化学平衡(1)

梶山

可逆反応と平衡について解説し、平衡定数を理解する。

10回

化学平衡(2)

梶山

反応ギブズエネルギー、ル・シャトリエの原理について解説する。

11回

化学平衡(3)

梶山

化学平衡に関する問題演習を行う。

12回

酸塩基平衡(1)

梶山

酸、塩基、pHについて解説する。

13回

酸塩基平衡(2)

梶山

弱酸、弱塩基の解離平衡について理解し、問題演習を行う。

14回

酸塩基平衡(3)

梶山

緩衝液について解説し、問題演習を行う。

15回

酸化還元平衡

梶山

酸化、還元、標準電位について解説し、ネルンストの式から標準電位と平衡定数の相関関係を理解する。

 
到達目標

化学平衡に関する知識を習得し、化学変化に伴うエネルギー変化について理解する。

評価基準

小テストと定期試験により総合的に評価する。なお、欠席、遅刻、早退は減点する。

準備学習
(予習・復習)

教科書を読んで予習しておくこと。講義時間内に、前回の講義内容に関する小テストを行うので、復習しておくこと。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 化学(基本の考え方を中心に) 石倉洋子、石倉久之 訳 東京化学同人 3,078円
参考書 (なし)