【プログラミング演習】 [物理学科 3群 必修 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 神谷健秀
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 演習  集中
 
教育目標

本講義では主にC言語を中心として、プログラムの考え方の基礎とその応用について、演習を通して学習する。
基本的な問題を解決するためのプログラムをC言語で作成することができるようになることが目標である。

教育内容

プログラミングに必要な文法の基本的事項を1つずつ学ぶ。例題を参考にして簡単な練習問題のプログラムを作成する。さらにより複雑な応用問題を検討することにより、プログラミングの技術と問題解決の考え方を学ぶ。

教育方法

情報演習室を使用する。1人1台の端末を用いて演習課題のプログラムを作成する。
教科書の他、WEBテキストなどを使用し、毎回プリント課題について、講義・演習を行う。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回 〜2回

Cプログラミング入門

神谷

Cプログラムの翻訳と実行、
画面表示

3回 〜4回

変数とデータ型、数式
入出力

神谷

変数のデータ型と宣言、数値演算、入力処理

5回 〜6回

制御構造

神谷

条件判断、処理の分岐、
繰り返し、複雑な処理

7回 〜8回

データ構造と配列
応用

神谷

配列と大量なデータの処理

9回 〜10回

関数

神谷

関数の定義方法、プログラムの部品化

11回 〜12回

応用と発展

神谷

文字処理、プログラムの前処理と制御文
乱数の使用法など

13回 〜14回

復習
予備試験

神谷

ポイントの整理と予備試験

15回

まとめ

神谷

整理

 
到達目標

簡単なプログラムを作ることができること、第2学年後期以降の演習・実習に必要なプログラミング技術を身に付けること。

評価基準

毎回実施する課題の消化状況、レポート、試験により総合的に判断する。欠席は減点とする。
最終試験は出題された複数の課題についてその場でプログラムを作成してもらう。
本試験である程度以上のプログラミング技術が身に付いていないと合格できない。
本試験に備えて演習中に予備試験を行う予定。

準備学習
(予習・復習)

1年次の演習で学んだLinuxのコンピュータの操作法の基礎(簡単なコマンド、エディター(emacs)の使い方など)が必要である。
各回毎に小課題が出されるので、演習中の指示に従って次回までに終了させておくこと。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 はじめてのC 椋田實 技術評論社 2,079円
参考書 (なし)