【基礎生物学I】
(Biology Ⅰ)
[化学科 2群 必修 科目(配当年次: 第1学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 太田安隆 高松信彦 教員免許取得のための必修科目
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者: 科目:教科に関する科目(中・高 理科)
授業形態: 講義  週1コマ 施行規則に定める科目区分:生物学
 
授業の目的

生命現象を理解するため,生命科学の基礎的な知識を身につけることを目標とする。

教育内容

生体を構成する成分,代謝とエネルギー,遺伝子とその発現について分かりやすく講義し,生命科学の基本を理解できるようにする。

教育方法

板書を多用する講義を行う。必要に応じて,学生の理解を深めるため,講義内容を図示したプリントを配布し,パワーポイントによる講義内容の復習を行う。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

細胞とは

太田

細胞小器官,光学顕微鏡,電子顕微鏡,細胞分画法,培養細胞について学ぶ。

2回

細胞の化学成分(1)

太田

化学結合,水の性質について学ぶ。

3回

細胞の化学成分(2)

太田

糖,脂質について学ぶ。

4回

細胞の化学成分(3)

太田

アミノ酸について学ぶ。

5回

タンパク質の構造と機能(1)

太田

タンパク質の階層的構造について学ぶ。

6回

タンパク質の構造と機能(2)

太田

酵素について学ぶ。

7回

タンパク質の構造と機能(3)

太田

タンパク質解析法について学ぶ。

8回

遺伝子発現と核酸

高松

核酸の構造について学び,遺伝情報の流れを理解する。

9回

DNA

高松

DNAが遺伝物質であることの実験的証明について学ぶ。

10回

DNAの構造と複製様式

高松

DNAの半保存的複製の実験的証明について学ぶ。

11回

複製の仕組み

高松

DNAの複製機構について分子レベルで学ぶ。

12回

転写

高松

RNA分子の種類について学び,原核生物と真核生物の転写の機構の共通性・相違点について理解する。

13回

翻訳(1)

高松

翻訳の機構について学ぶ。

14回

翻訳(2)

高松

遺伝暗号の解明について学ぶ。

15回

まとめ

太田
高松

全体の確認と復習

 
到達目標

生命科学を身近に感じ,生命現象を分子レベルで思考する能力を養うことを目標とする。

評価基準

期末に実施する試験で評価する(100%)。

準備学習
(予習・復習)

教科書の該当する項目を読んで予習するとともに,教科書,配布プリントや講義ノートを参考にして前の授業の内容を理解し,次回の講義に備える。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 ビギナーズ生物学 太田安隆・高松信彦 化学同人 2,808円
参考書 (なし)