【生体防御学】
(Immunology )
[生物科学科 3群 必修 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 錦見昭彦 教員免許取得のための必修科目
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者: 科目:教科に関する科目(中・高 理科)
授業形態: 講義  週1コマ 施行規則に定める科目区分:生物学
 
授業の目的

個体は、病原微生物や異物などから生体を防御する機構を備えている。本講義では、免疫系を構成する細胞や組織が、様々な病原体等を認識し、これらを取り除くしくみを理解する。また、これらの機構が破綻することにより引き起こされる疾患の発症メカニズムや、それらに対する治療法を理解する。

教育内容

病原体や異物から生体を防御するメカニズム、また、その破綻による病態とその治療法について、関連する事柄や最新の研究成果を取り入れながら講義する。

教育方法

教科書の内容のうち、重要な項目を取り上げて講義する。必要に応じて教科書に記載されている項目以外の事柄についても解説する。授業は、プリントを配布するとともに、スライドで画像や動画を提示しながら進める。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

免疫システム

錦見

病原体や異物から生体を防御するしくみ

2回

シグナル伝達

錦見

細胞間クロストークと細胞内情報伝達

3回

T細胞による抗原認識

錦見

T細胞の抗原認識機構とT細胞のセレクション

4回

抗体

錦見

抗体の構造と抗体を用いた実験手法

5回

疾患モデル動物

錦見

実験動物学の基礎と疾患モデル

6回

遺伝子改変動物

錦見

遺伝子改変動物の種類と作製方法

7回

感染と免疫Ⅰ

錦見

病原微生物の感染と自然免疫による防御機構

8回

感染と免疫Ⅱ

錦見

病原微生物の感染と獲得免疫による防御機構

9回

粘膜免疫・がん免疫

錦見

粘膜における感染防御機構・がんの病態と免疫系による防御機構

10回

自己免疫疾患・移植免疫

錦見

自己免疫疾患の病態と発症機構・移植臓器に対する免疫応答

11回

アレルギー・免疫不全症

錦見

アレルギーの病態と発症機構・免疫不全症の病態と発症機構

12回

免疫抑制剤

錦見

免疫疾患に対する薬物治療と創薬

13回

活性酸素

錦見

免疫系における活性酸素種の役割・生体における活性酸素種からの防御機構

14回

老化と免疫

錦見

老化のメカニズムと免疫系の老化

15回

まとめ

錦見

全体の確認と復習

 
到達目標

免疫細胞や免疫系組織の機能と、これらが協調して病原体や異物から生体を防御するメカニズムを理解して説明できるようにする。
免疫系が破綻することにより引き起こされる、自己免疫疾患、免疫不全、アレルギーといった疾患の発症メカニズムと、これらを予防したり治療したりする方法を理解して説明できるようにする。

評価基準

定期試験により評価する。授業への積極的な参加は加点対象とする。

準備学習
(予習・復習)

基礎的な生物学を理解した上で臨むこと。授業に使用したスライドを、授業後にWebからダウンロードできるようにするので、復習すること。

その他

教科書(免疫生物学)は、現在、原書第7版の翻訳が出版されているが、開講までに改訂版の翻訳が発売された場合は改訂版を用いる。詳細については、初回の講義で説明する。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 免疫生物学 笹月健彦(監訳) 南江堂 8,300円
参考書 もっとよくわかる!免疫学 河本宏 羊土社 4,200円