【免疫学Ⅰ】 [生物科学科 3群 必修 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 片桐晃子 教員免許取得のための必修科目
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者: 科目:教科に関する科目(中・高 理科)
授業形態: 講義  週1コマ 施行規則に定める科目区分:生物学
 
教育目標

生体防御は、植物、動物を問わず、微生物の感染から防御する機構を分子、細胞、組織および生体レベルで理解する科目である。「自己と非自己の認識」に始まる免疫現象に関する基礎的な知識を習得し、さらに、急速に進歩している免疫学の最新の知識も理解できるようにする。

教育内容

生体防御学での知識を踏まえて、免疫現象の基礎から最新の情報も紹介し、分子レベルまで掘り下げて説明する。

教育方法

1回ごとにテーマを設定し、パワーポイントを用いて、わかりやすい図を取り入れて講義する。毎回、パワーポイントのプリントの配布を行う。また、講義の最後に重要ポイントを問い、復習を促す。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

免疫の仕組み概論Ⅰ

片桐晃子

免疫細胞と免疫応答について理解する。

2回

免疫の仕組み概論Ⅱ

片桐晃子

獲得免疫の原理を理解する。

3回

抗体の多様性Ⅰ

片桐晃子

抗体タンパク質の性状を理解する。

4回

抗体の多様性Ⅱ

片桐晃子

体細胞組み換えによって抗体の多様性が生み出される仕組みを理解する。

5回

T細胞の抗原認識Ⅰ

片桐晃子

T細胞抗原受容体の抗原認識機構を理解する。

6回

T細胞の抗原認識Ⅱ

片桐晃子

MHC拘束性とは何か、どのように生み出されるのか、理解する。

7回

T細胞の分化

片桐晃子

T細胞が胸腺で多様性を獲得し、正と負の選択を受けて分化する過程を理解する。

8回

T細胞の活性化

片桐晃子

T細胞抗原受容体に特異的抗原が結合し、IL-2を産生するまでのシグナル伝達経路を理解する。

9回

T細胞のエフェクター機構

片桐晃子

抗原刺激によってT細胞がエフェクターT細胞へ分化する過程、エフェクター細胞の種類と働きを理解する。

10回

B細胞の分化

片桐晃子

骨髄でのB細胞の分化過程を理解する。

11回

B細胞の活性化

片桐晃子

B細胞抗原受容体に特異抗原が結合し、ヘルパーT細胞からのサイトカインによって抗体産生細胞への分化のシグナル伝達経路を理解する。

12回

B細胞の抗体産生

片桐晃子

抗体の親和性成熟、クラススイッチが生じる胚中心の形成と役割を理解する。

13回

抗体のエフェクター機構

片桐晃子

抗体の種類と働きについて理解する。

14回

補体

片桐晃子

補体の活性化機構と働きについて理解する。

15回

まとめ

片桐晃子

全体の確認と復習を行う。

 
到達目標

獲得免疫におけるレセプターを介した抗原応答に関わる分子メカニズムとリンパ球の発生・分化を理解し、生命科学における免疫学の位置づけを把握する。

評価基準

定期試験により評価する。

準備学習
(予習・復習)

生体防御学で学んだことを復習して臨むこと。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 免疫生物学(原著第7版) 笹月建彦(監訳) 南江堂 8,300円
参考書 (なし)