【基礎化学I】 [物理学科 2群 必修 科目(配当年次: 第1学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 犬井洋 教員免許取得のための必修科目
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者: 科目:教科に関する科目(中・高 理科)
授業形態: 講義  週1コマ 施行規則に定める科目区分:化学
 
教育目標

化学の論理的基礎である原子論を習得することで、化学全般(特に後期の基礎化学Ⅱや基礎化学実験)に対して興味を持って取り組むための原動力にする。

教育内容

原子構造、量子数、電子配置から元素の周期性を学び、ルイス式、VSEPR理論、混成軌道により分子の形や性質を理解する。

教育方法

基本的には教科書の内容に沿って進めるが、必要に応じて一部省略したり、教科書に記載されていない内容についても触れる。講義は板書により進めるが、実験や映像を用いた講義を行う場合もある。講義内には必ず内容確認の小テストを行う。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

序論

犬井

講義の目的と概要、化学の基本事項の確認、演示実験

2回

原子論の成立(1)

犬井

原子、原子量、同位体、放射性崩壊

3回

原子論の成立(2)

犬井

分子、イオン、式量、物質量

4回

元素周期表と元素合成

犬井

宇宙における原子核合成、質量欠損

5回

原子構造(1)

犬井

原子模型、水素原子スペクトル、光の性質

6回

原子構造(2)

犬井

ボーアの理論、物質波

7回

原子構造(3)

犬井

シュレーディンガー方程式の誘導と解、量子数

8回

原子構造(4)

犬井

電子配置、フント則、パウリの排他律

9回

元素の周期性(1)

犬井

有効核電荷、スレーターの経験則、原子半径

10回

元素の周期性(2)

犬井

イオン化エネルギー、電子親和力、電気陰性度

11回

化学結合

犬井

共有結合、イオン結合、双極子モーメント

12回

分子の形(1)

犬井

ルイス式、形式電荷、共鳴

13回

分子の形(2)

犬井

原子価殻電子対反発理論(VSEPR理論)

14回

分子の形(3)

犬井

混成軌道

15回

まとめ

犬井

全体の確認と復習

 
到達目標

原子、分子の構造と性質を理解すること。

評価基準

定期試験の結果によって評価する。なお、欠席は減点する。

準備学習
(予習・復習)

復習を十分に行い、次の講義に臨むこと。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 化学入門コース1 化学の基礎 竹内敬人 岩波書店 3,024円
参考書 (なし)