【基礎物理学II】 [化学科 2群 必修 科目(配当年次: 第1学年 ) ]
[生物科学科 2群 必修 科目(配当年次: 第1学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 菅原洋子 教員免許取得のための必修科目
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者: 科目:教科に関する科目(中・高 理科)
授業形態: 講義  週1コマ 施行規則に定める科目区分:物理学
 
教育目標

専門科目(化学・生物科学)理解の基礎として、自然現象を物理科学の概念により理解し、考察する力を身につける。

教育内容

高校で物理を学習していない、もしくは物理学の基礎のみを学習してきた学生を対象とし、電気、磁気、波動光学の分野について基本概念を講義する。

教育方法

教科書の内容に沿って進める。講義内容の理解を助けるため時間内に随時演習を行っていく。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

電荷と電流(Ⅰ)

菅原

電荷の保存則、電荷の間に作用する電気力のクーロンの法則、電場という考え方を学ぶ

2回

電荷と電流(Ⅱ)

菅原

電流の定義、電気的位置エネルギー、電位と電場の関係について学ぶ

3回

電荷と電流(Ⅲ)

菅原

導体の中の電場、電気を蓄える装置であるキャパシター、電気回路について学ぶ

4回

電荷と電流(Ⅳ)

菅原

「電荷と電流」で学んだことを復習する

5回

電磁気学(Ⅰ)

菅原

電流が磁場を作り出していることを学ぶ

6回

電磁気学(Ⅱ)

菅原

磁場内で電流が流れるときに生じる磁気力について学ぶ

7回

電磁気学(Ⅲ)

菅原

コイルを貫く磁束が変化すると誘導起電力が生じる電磁誘導現象について学ぶ

8回

電磁気学(Ⅳ)

菅原

電磁誘導の法則に基づき、発電機の原理、変圧器の原理を理解する

9回

電磁気学(Ⅴ)

菅原

電磁気学の基本法則であるマクスウェルの法則について説明し、「電磁気学」で学んだことを復習する

10回

波(Ⅰ)

菅原

波動とは何か、波をあらわす物理量について学ぶ

11回

波(Ⅱ)

菅原

波の性質として、干渉、反射、屈折について学ぶ

12回

波(Ⅲ)

菅原

波の性質として、回折、定在波について学ぶ

13回

波(Ⅳ)

菅原

音波とうなり、ドップラー効果について学ぶ

14回

波(Ⅴ)

菅原

光波と屈折、回折、偏光について学ぶ

15回

まとめ

菅原

全体の内容の確認と復習

 
到達目標

日常経験する自然現象を物理学の概念により捉え直す。また、電磁気学、波動にかかわる物理量、物理法則の式を用いた表現を理解する。

評価基準

試評価はレポートと定期試験の総合評価とする。

準備学習
(予習・復習)

教科書を予め読んで講義に臨むこと。また、章ごとに練習問題を配布する。教科書の章末問題とともに解いて内容の理解を確認すること。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 自然科学の基礎としての物理学 原 康夫著 学術図書出版社 1,900円
参考書 (なし)