【代謝学Ⅰ】 [物理学科 3群 B選択 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
[生物科学科 3群 A選択 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 鈴木春男
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
教育目標

物質代謝により生物がどの様にエネルギーを獲得し、保存するかを理解する。

教育内容

エネルギー代謝を理解する上で重要な熱力学の初歩的事項を学ぶ。次に糖代謝、クエン酸回路、ミトコンドリアでのエネルギー獲得について学ぶ。更に脂質・アミノ酸代謝の概要を学び、これらの代謝が糖質代謝と密接に関わっていることを理解する。講義の区切りで演習問題を配布するので、自習する。

教育方法

講義内容に従って講義を進める。各講義の終りに、「講義の内容の要約」、あるいは「演習問題の解」を提出する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

序論

鈴木

代謝についての概説

2回

熱力学 1)

鈴木

熱力学第一法則

3回

熱力学 2)

鈴木

熱力学第二法則、水の性質

4回

熱力学 3)

鈴木

酸化還元過程、糖の性質

5回

糖代謝 1)

鈴木

解糖と糖新生

6回

糖代謝 2)

鈴木

グリコーゲン代謝と調節

7回

クエン酸回路

鈴木

回路の内容とその調節

8回

酸化的リン酸化 1)

鈴木

ミトコンドリア、電子伝達とATP合成

9回

酸化的リン酸化 2)

鈴木

電子伝達系

10回

酸化的リン酸化 3)

鈴木

ATP合成の機構

11回

脂質代謝 1)

鈴木

脂質と脂質代謝の概要

12回

脂質代謝 2)

鈴木

脂質代謝の調節

13回

アミノ酸代謝 1)

鈴木

タンパク質の分解

14回

アミノ酸代謝 2)

鈴木

アミノ酸の異化的代謝

15回

まとめ

鈴木

講義全体のまとめ

 
到達目標

配布演習問題を解けるようになること。

評価基準

定期試験 90点 + 講義の要約など 10点

準備学習
(予習・復習)

予習は講義内容に該当する参考書の部分に目を通しておくこと。

その他

本講義用のノートをつくること。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 ホートン「生化学」 鈴木紘一他訳 東京化学同人 7,140円
ヴォート「生化学」(上下) 田宮他訳 東京化学同人 各7,035円
酵素の世界 鈴木春男 産業図書 1,854円