【教職概論】
 
単  位:2単位 単位認定者: 渡辺克己
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
教職課程科目 教職の意義等に関する科目
各科目に含めることが必要な事項 ・教職の意義及び教員の役割
・教員の職務内容(研修、服務及び身分保障等を含む。)
・進路選択に資する各種の機会の提供等
 
教育目標

教育職員免許状取得のための全般的な導入として、教職科目及び介護等体験等に関するガイダンスを行い、学校教育及び教職についての正しい理解を深め、教育職員として必要な知識と望ましい心構えを備えた、聴ける、読める、考える、書ける、話せる学生の育成を目指す。

教育内容

「学校教育とは何か、教師の役割とは何か」を中心に、現在の学校教育が抱える諸課題に対し、今何が求められており、何をなすべきかについて、教師の立場で考える基礎をつくる。そのため、小論文の作成や意見発表等を行い、思考力、判断力、表現力を高め、教育現場が求めている力のある教員として、学生時代に身に付けるべき資質と能力を培う。

教育方法

授業毎に配布するレジュメ、教科書、配布資料等に基づく講義を基本とし、学生による発表、討論等も適時行う。毎時ミニレポートを作成し、疑問や質問、意見等を集約し授業中に対応する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

教職概説(1)

渡辺

何故教職を目指すのか、現状を理解し、自らの姿勢を見つめさせ、勉学の意識を喚起する。

2回

教職概説(2)

渡辺

各自が自らの義務教育を振り返り、記名付箋紙を用いて分析し、教育課題を確認する。

3回

今日的教育課題(1)

渡辺

文章の作り方、学ばせ方について理解し、学びと教育の原点を踏まえて今日の教育を考える。

4回

今日的教育課題(2)

渡辺

日本の教育の形と特徴を学び、海外の教育と比較し、今日的教育課題を検証する。

5回

学習指導要領(1)

渡辺

今日的な教育課題を理解し、学習指導要領の歴史と改訂の趣旨について解説する。

6回

学習指導要領(2)

渡辺

現行の高等学校学習指導要領の内容について解説し、改定の方向について紹介する。

7回

介護等体験実習に向けて

渡辺

障害及び介護等体験実習に関して、体験を通じて理解を深め、心構え等のガイダンスを行う。

8回

学校の役割(1)

渡辺

現在の学校組織の特徴と学校に関わる人、団体、組織等について理解する。

9回

学校の役割(2)

渡辺

学校が社会的に担っている多様な責務について理解し、考察する。

10回

教師の仕事(1)

渡辺

教員が担っている多様な責務について理解し、考察する。

11回

教師の仕事(2)

渡辺

今日教員に求められている資質、能力について理解し、考察する。

12回

教員の身分と服務(1)

渡辺

学校の役割や教員の仕事について、法令に基づき具体的に解説する。

13回

教員の身分と服務(2)

渡辺

教員の身分と服務について、法令に基づき具体的に解説する。

14回

教職への理解と進路選択

渡辺

教職の特質と教師のあるべき姿を理解し、自らを振り返り、教師としての適性を熟考する。

15回

教職に関するまとめ

渡辺

先人の言葉を学び、学校教育・教職の意義と本質について各自考えをまとめる。

 
到達目標

教職の意義および教員の役割について理解するとともに、当面する教育課題に意識的に注意を向けるよう努力する態度を身に付ける。また、自分の意見を論理的に構成し、それを他の人に正確に、思いを込めて伝えることができるような知識と技術を身に付けられるようにする。

評価基準

授業ごとのミニレポート、小論文等によって総合的に評価する。

準備学習
(予習・復習)

日ごろから新聞、雑誌、報道番組等の教育関係の記事に注意を払い、疑問点や自分の意見をメモしておくこと。また、講義で示した方法等により授業のまとめを行うこと。教育に関する今日的な課題について友人と話し合うこと。

その他

教師を目指す者としてふさわしい姿勢と態度で授業に臨むこと。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 教育小六法、2017(平成29年版) 市川須美子 他 学陽書房 2,916円
参考書 高等学校学習指導要領(平成21年3月) 文部科学省 東山書房 588円