【分子発生学I】 [化学科 3群 B選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
[生物科学科 3群 必修 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 木村透 教員免許取得のための必修科目
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者: 科目:教科に関する科目(中・高 理科)
授業形態: 講義  週1コマ 施行規則に定める科目区分:生物学
 
教育目標

動物の発生ではどのような生命現象が生じるか、それらはどのようなメカニズムで制御されているのか、発生生物学の基礎について理解する。

教育内容

哺乳動物を含むさまざまな実験動物を例にとり、発生学の歴史、研究方法や考え方の基本を学習する。

教育方法

教科書とパワーポイントをもちいた講義が中心。毎回、プリントを配布。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

序論

木村

発生生物学の歴史と基本概念について学ぶ。

2回

パターン形成(1)

木村

ショウジョウバエのボディプランについて学ぶ。

3回

パターン形成(2)

木村

ショウジョウバエのボディプランについて学ぶ。

4回

脊椎動物の体軸と胚葉の形成(1)

木村

両生類のオーガナイザーについて学ぶ。

5回

脊椎動物の体軸と胚葉の形成(2)

木村

鳥類と哺乳理のオーガナイザーについて学ぶ。

6回

初期発生における形態形成

木村

細胞の接着と運動のメカニズムについて学ぶ。

7回

無脊椎動物の発生

木村

線虫、ウニ、ホヤの発生について学ぶ。

8回

前半のまとめ

木村

前半の確認と復習

9回

脊椎動物の器官形成(1)

木村

中胚葉(沿軸中胚葉)の発生と器官形成について学ぶ。

10回

脊椎動物の器官形成(2)

木村

中胚葉(中間中胚葉、側板中胚葉)の発生と器官形成について学ぶ。

11回

脊椎動物の器官形成(3)

木村

内胚葉の発生と器官形成について学ぶ。

12回

脊椎動物の器官形成(4)

木村

外胚葉の発生と器官形成について学ぶ。

13回

脊椎動物の器官形成(5)

木村

外胚葉の発生と器官形成について学ぶ。

14回

四肢の発生

木村

四肢の発生について学ぶ。

15回

まとめ

木村

全体の確認と復習

 
到達目標

発生現象を論理的に思考できる能力と知識を養う。

評価基準

中間試験と定期試験により評価する。

準備学習
(予習・復習)

配布プリントを参考に、教科書を読み、予習・復習する。

その他

何事も基本が重要です。分からないことは分かるまで尋ねてください。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 ギルバート発生生物学 Scott Gilbert (監訳 阿形清和、高橋淑子) メディカル・サイエンス・インターナショナル 10,000円
参考書 ウォルパート発生生物学 第4版 Wolpert & Tickle (監訳 武田洋幸、田村宏治) メディカル・サイエンス・インターナショナル 9,500円