【ゼミナール】
(Seminars)
[生物科学科 3群 必修 科目(配当年次: 第4学年 ) ]
 
単  位:4単位 単位認定者: 高松信彦 木村透 太田安隆 片桐晃子
授業期間: 通年  30コマ 科目分担者:
授業形態: 演習 
 
授業の目的

各講座において,卒業研究の途中経過の報告および原著論文の輪読を行うことにより,生命科学の解析に必要な研究方法,研究の進め方や研究内容の発表の仕方などについて学ぶ。

教育内容

各講座において,研究報告会・論文抄読会に参加し,卒業研究の途中経過を発表したり,原著論文を輪読して,実験方法や研究の進め方,科学論文の読み方や論文のまとめ方などを学ぶ。

教育方法

卒業研究の途中経過をプリントやパワーポイントを用いて発表し,議論を通じて研究内容の理解を深める。原著論文の講読においても,担当学生がプリントやパワーポイントを用いて論文の内容を説明し,議論を通じて科学論文の読み方や論文のまとめ方を学ぶ。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

ガイダンス

高松・木村・太田・片桐

ゼミナールのガイダンスを行う。

2回 〜29回

研究経過報告・科学論文の輪読

高松・木村・太田・片桐

各講座で研究経過を報告する。また,原著論文の輪読により,より広い学問領域を学習する。

30回

まとめ

高松・木村・太田・片桐

全体の確認と復習を行う。

 
到達目標

研究課題のまとめ方や科学論文を理解する能力を身につける。

評価基準

研究成果の報告,論文内容の説明や議論への関与などにより総合的に評価する。

準備学習
(予習・復習)

研究成果や論文内容をまとめ,プリントやパワーポイントを作成して,発表に臨む。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)