【合成有機化学】 [化学科 3群 必修 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 土屋敬広 教員免許取得のための必修科目
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者: 科目:教科に関する科目(中・高 理科)
授業形態: 講義  週1コマ 施行規則に定める科目区分:化学
 
教育目標

有機化学Iおよび有機化学IIに引き続き、官能基を有する有機化合物の性質、合成法、反応を学ぶと共に、有機化合物の諸性質の知識を基礎として、目的とする化合物を合成するための方法論を系統的に理解する。

教育内容

有機合成の基本反応形式と反応試薬を体系的に理解できるよう解説し、基本概念を理解できるようにすると共に、演習を行い反応機構も含めた考察が出来るようにする。

教育方法

板書による講義を中心とし、プリントによる解説と問題演習も併用する。講義内容の確認と定着を図るため、中間および期末の筆記試験を実施する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

序論

土屋

有機合成の方法論の進め方、反応を支配している因子

2回

カルボニル基の化学1−1

土屋

アルデヒドとケトンの求核付加反応1

3回

カルボニル基の化学1−2

土屋

アルデヒドとケトンの求核付加反応2

4回

カルボン酸

土屋

カルボン酸の性質と反応

5回

カルボン酸誘導体-1

土屋

カルボン酸誘導体の性質と反応

6回

カルボン酸誘導体-2

土屋

カルボン酸誘導体の反応

7回

カルボニル基の化学2−1

土屋

カルボニル基のα位の反応1

8回

カルボニル基の化学2−2

土屋

カルボニル基のα位の反応2

9回

中間試験

土屋

講義1-8回のまとめ

10回

ペリ環状反応1

土屋

π共役化合物の分子軌道、電子環状反応

11回

ペリ環状反応2

土屋

付加環化反応

12回

ペリ環状反応3

土屋

シグマトロピー反応

13回

官能基形成変換反応

土屋

置換反応、脱離反応:反応の選択性
酸化、還元反応:酸化剤、還元剤と反応選択性

14回

官能基制御反応

土屋

保護基による官能基制御:保護基の種類;官能基の保護、脱保護

15回

まとめ

土屋

全体の確認と復習

 
到達目標

有機化学の基本概念に対する理解を深めるとともに、標的有機化合物を合成するための的確な方法を考察できるようにする。

評価基準

筆記試験(中間・期末)の結果を総合し評価する。授業と授業内演習への積極的参加は加点対象とする。出席状況に応じて減点する場合がある。

準備学習
(予習・復習)

指定した教科書や参考書に沿って解説を進めるので、事前に該当する項目を読むなどして予習すること。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 ジョーンズ有機化学第3版、上・下 Maitland Jones, Jr. 東京化学同人 各6,912円
有機化学演習 –基本から大学院入試まで- 山本学、伊与田正彦、豊田真司 東京化学同人 4,104円
参考書 (なし)