【高分子化学】 [化学科 3群 A選択 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
[生物科学科 3群 B選択 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 田邊真
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
教育目標

高分子化学の基礎を理解することに重点を置き、合成、構造、物性及びこれに関連する応用分野にも触れて、高分子化学の面白さを感じ取れるようにする。

教育内容

前半には、高分子合成と物性を中心した内容を紹介して、後半には、その物理的・化学的性質が材料・医療分野への応用を含んだ高分子化学の基礎を学ぶ。

教育方法

シラバスの内容に沿って講義する。必要に応じて、AV機器を用いて説明する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

高分子化学の概念

田邊

高分子化学の歴史と現状

2回

高分子物質の基礎

田邊

高分子の形と大きさ、分子量測定

3回

高分子の合成(1)

田邊

ラジカル重合、重合開始剤、ラジカル共重合

4回

高分子の合成(2)

田邊

カチオン、アニオン重合、重合の素反応

5回

高分子の合成(3)

田邊

錯体触媒による配位重合

6回

高分子の合成(4)

田邊

重縮合反応、重付加反応

7回

高分子の構造

田邊

分子間力、立体構造、共重合

8回

高分子の物性

田邊

結晶化、ガラス転移、熱的性質

9回

高分子材料の基礎

田邊

ゴム弾性、高分子ゲル、高分子液晶

10回

重合反応の精密制御

田邊

開環重合、リビング重合

11回

無機高分子の性質

田邊

無機高分子の基礎、無機系高分子材料

12回

機能性高分子(1)

田邊

光機能高分子、導電性高分子

13回

機能性高分子(2)

田邊

高分子膜、高分子医薬、医用高分子

14回

生体関連高分子

田邊

多糖類、タンパク質、脂質

15回

まとめ

田邊

全体の復習

 
到達目標

高分子化学の基礎を習得する。

評価基準

期末に実施する定期試験の成績が60点以上を合格する。

準備学習
(予習・復習)

シラバスに沿って進める。事前に教科書に目を通して、講義に臨むと理解できる。

その他

分子をつなげて機能を引き出す高分子化学の面白さを紹介する。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 ベーシックマスター高分子化学 西久保 忠臣 オーム社 4,320円
参考書 高分子を学ぼう 横田 健二 化学同人 2,484円