【遺伝学】 [生物科学科 3群 A選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 颯田葉子
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
教育目標

遺伝学の基本的概念と他の分野とのつながり、特に発生学、進化学、人類遺伝学、ゲノム科学との関連を理解し、遺伝学に基づく生命科学を理解する学力の習得を目指す。また、現在の遺伝学で何が問題となっているのか、それをどのように解決していこうとしているのか、遺伝学の最近の動向を理解する。

教育内容

遺伝学の基本概念及び発生学、進化学、人類遺伝学、ゲノム科学との関連を遺伝学の視点から理解する。

教育方法

生命科学に関する話題について紹介する際に、遺伝学の概念とその応用が日常的な視点で、理解できるようにする。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

遺伝とは何か

颯田

(1)遺伝学の歴史 (2)遺伝と遺伝子 (3)メンデルの法則

2回

細胞について

颯田

(1)細胞の構造 (2)原核生物と真核生物 (3)体細胞と生殖細胞

3回

生殖について

颯田

(1)有性生殖と無性生殖 (2)減数分裂と組み換え

4回

染色体について

颯田

(1)染色体とDNA (2)染色体変異 (3)エピジェネティックス

5回

核酸について

颯田

(1)核酸の構造 (2)核酸の複製 (3)DNAの修復

6回

遺伝情報について

颯田

(1)遺伝情報の発現と調節 (2)RNAと蛋白質合成

7回

細胞質遺伝について

颯田

(1)ミトコンドリア (2)可動遺伝子(トランスポゾン)

8回

遺伝子理解の新展開

颯田

(1)遺伝子クローニング (2)ゲノム科学 (3)機能的RNA

9回

変異と多様性について

颯田

(1)突然変異 (2)多型現象 (3)遺伝子プール(集団遺伝学)の動態 (4)分子進化の中立説 (5)量的形質の遺伝

10回

同上(つづき)

颯田

同上(つづき)

11回

発生と進化について

颯田

(1)線虫 (2)ショウジョウバエ (3)シロイヌナズナ

12回

ヒトの進化遺伝学

颯田

(1)ヒト進化学の基礎 (2)ヒトの進化 (3)古DNA

13回

遺伝医学について

颯田

進化医学

14回

免疫遺伝学

颯田

(1)自然免疫と獲得性免疫 (2)遺伝子の多様性創出メカニズム

15回

まとめ

颯田

全体の確認と復習

 
到達目標

上記教育目標に向かい、現代遺伝学の基本的概念を理解し、生物・生命に関する理解と関心を深め、もって、現代生物科学への自らの寄与のあり方を確認出来る学力の習得を求める。

評価基準

レポート(5回)50点、および総合レポート50点、以上総点100点とする。

準備学習
(予習・復習)

練習問題のレポートを課す。

その他

「遺伝子とは何か」「生物はいかに進化して来たか」今日未だ充分な理解に至っていない疑問に、如何に挑戦するか共に考えより高度な生物科学へと受講者を導くことを目指す。このことは、生物の持つ新しい特性の発見へと履修者を誘うことを意味する。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 クロー「遺伝学概説」 木村・太田共訳 培風館
参考書 ハートル「エッセンシャル遺伝学」 布山・石和監訳 培風館
遺伝子図鑑 国立遺伝学研究所遺伝子図鑑編集委員会 悠書館
THE CELL 細胞の分子生物学第4版/5版 Bruce Albertsほか(著)中村桂子、松原謙一ほか(訳) 教育社