【天然物化学】 [化学科 3群 A選択 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 須貝昭彦 
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
教育目標

天然有機化合物の取り扱い・構造・生合成系・生理活性について修得する。

教育内容

天然有機化合物の抽出・分離・精製・同定方法を学ぶ。また、天然有機化合物の構造・生合成系・生理活性について知る。

教育方法

パワーポイント(プリント配布)を使って講義を行う。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

序論

須貝

天然物化学とは

2回

天然有機化合物の抽出

須貝

植物・酵母・バクテリア・動物組織からの天然有機化合物の抽出方法

3回

天然有機化合物の分離精製(1)

須貝

透析・順相系カラムクロマトグラフィー・TLC

4回

天然有機化合物の分離精製(2)

須貝

逆相系カラムクロマトグラフィー・ゲルろ過

5回

天然有機化合物の同定(1)

須貝

加水分解・IR・GC/MS・LC/MS

6回

天然有機化合物の同定(2)

須貝

NMR・エナンチオマー

7回

物質代謝

須貝

TCAサイクル、アミノ酸代謝

8回

アミノ酸経路

須貝

スパイス・アルカロイド

9回

酢酸・マロン酸経路

須貝

脂肪酸・ポリケチド

10回

メバロン酸経路(1)

須貝

テルペノイド

11回

メバロン酸経路(2)

須貝

ステロイド・カロチノイド

12回

脂質の生理活性

須貝

DHA・EPA(IPA)

13回

天然有機化合物の安全性

須貝

毒性・発癌性など

14回

天然有機化合物と医薬品

須貝

天然有機化合物とヒトとの係わり

15回

まとめ

須貝

全体の確認と復習

 
到達目標

生体物質、健康食品・医薬品に含まれる成分の理解を深める。

評価基準

成績評価=レポートの提出(10%)+期末試験(90%)

準備学習
(予習・復習)

配布プリントを活用した予習・復習をする。与えられた課題のレポートを作成する。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 最新天然物化学[第2版] 奥田拓男 編集 廣川書店 5,400円