【有機化学I】 [生物科学科 3群 B選択 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 土屋敬広
授業期間: 前期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義  週1コマ
 
教育目標

生命現象は基本的に有機化学反応で成立しており、その理解に有機化学の知識は大いに有用である。本講義では有機化学の基礎について解説する。本講義は有機化学の前半部分に当たり、後半部分の有機化学IIと合わせて有機化学の基礎習得を目指す。

教育内容

生物学や生物化学を理解するために必要な基礎的な有機化学を修得させる。ここでは有機化学の基礎である炭素と炭化水素化合物の特性から始め、アルカン、アルケンおよびアルキンまでを講義する。

教育方法

板書を中心とし、配布プリントも併用する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

有機化合物の体系と種類

土屋

有機化合物の骨格による分類

2回

価電子と共有結合1

土屋

価電子と電子対

3回

価電子と共有結合2

土屋

ルイス構造式

4回

価電子と共有結合3

土屋

イオンと価電子、炭素原子がつくる結合

5回

混成軌道1

土屋

原子の電子配置、混成軌道と結合の方向

6回

混成軌道2

土屋

二重結合および三重結合の炭素

7回

中間試験

土屋

講義1-6回のまとめ

8回

立体配座と立体配置1

土屋

立体配座、立体配置

9回

立体配座と立体配置2

土屋

シス-トランス異性

10回

結合の極性と共鳴1

土屋

極性分子と無極性分子、ファンデルワールス力

11回

結合の極性と共鳴2

土屋

共鳴

12回

結合の極性と共鳴3

土屋

π共役

13回

アルカン

土屋

アルカンの構造と反応

14回

シクロアルカン

土屋

シクロアルカンの構造と反応

15回

まとめ

土屋

全体の確認と復習

 
到達目標

有機化学の基本概念に対する理解を深め、有機化合物の立体構造を把握できるようになると同時に、反応様式を習得し、生化学反応の有機化学的理解へと繋げる。

評価基準

筆記試験(中間・期末)の結果を総合し評価する。授業と授業内演習への積極的参加は加点対象とする。出席状況に応じて減点する場合がある。

準備学習
(予習・復習)

配布プリントに沿って講義を行うので、事前に該当する項目を読むなどして予習すること。

その他

高校までの有機化学分野の学習内容を振り返っておくこと。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 プリントを配布する
参考書 フレッシュマン有機化学 小林啓二 裳華房 3,024円