【コンピュータ機器制御】 [物理学科 3群 必修 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 小寺義男
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者:
授業形態: 演習 
 
教育目標

1年生で学んだ回路工作および2年生前期で学んだプログラミング演習の延長として、ライントレースロボットを製作する。ロボットを制御しているマイクロコンピュータ(PIC16)が、どのようにセンサーから入力情報を得てモーターに制御情報を出力しているかを、アセンブラ言語を使って学ぶ。

教育内容

この科目ではライントレースロボットを製作し、搭載されているマイクロコンピュータ(PIC16)のプログラムをアセンブラーで記述する。自作のプログラムをPIC16に書き込み、走行テストを行う。

教育方法

1人1セットのライントレースロボットと工具を準備します。テキストを読んで理解しながら自分のペースで進めていきます。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回 〜3回

イントロダクション

小寺

移動ロボットの解析、回路図の見方、部品点検

4回 〜6回

ライントレースロボットの製作

小寺

回路製作、ハンダ付け,動作テスト

7回 〜15回

ライントレースロボットのプログラムの理解と応用。実験ノートの作成とまとめ

小寺

アセンブラ言語でPIC16のプログラムを書く。動作テスト。バグ(プログラムの間違い)の修正

 
到達目標

実走ロボットを製作し、センサーによる制御を理解する。

評価基準

出席状況、プログラム作成の力から総合的に評価する。(出席は特に重視する)

準備学習
(予習・復習)

理解しにくいところは、テキストをもとに関連書籍を調べる。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 テキストを配布
参考書 (なし)