【細胞生物学Ⅰ】
(Cell Biology Ⅰ)
[物理学科 3群 B選択 科目(配当年次: 第3学年 ) ]
[生物科学科 3群 必修 科目(配当年次: 第2学年 ) ]
 
単  位:2単位 単位認定者: 太田安隆 教員免許取得のための必修科目
授業期間: 後期  15コマ 科目分担者: 科目:教科に関する科目(中・高 理科)
授業形態: 講義  週1コマ 施行規則に定める科目区分:生物学
 
授業の目的

細胞は生命の基本単位であり,細胞生物学は細胞の営みを分子レベルで明らかにする学問領域である。細胞生物学Iでは、細胞の構造と機能の基本を理解し、細胞の働きを分子レベルで考える力を養う。

教育内容

主として動物細胞の構造と機能を概説し、細胞生物学の研究方法や考え方を平易に教示する。

教育方法

板書を多用する講義を行う。学生の理解を深めるため、講義内容を図示したプリントを配布し、パワーポイントによる講義内容の復習を行う。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

膜の構造(1)

太田

細胞膜、脂質2重層について学ぶ。

2回

膜の構造(2)

太田

膜タンパク質について学ぶ。

3回

膜輸送(1)

太田

運搬体タンパク質、イオンチャネルについて学ぶ。

4回

膜輸送(2)

太田

神経細胞のシグナル伝達について学ぶ。

5回

細胞内区画と細胞内輸送(1)

太田

細胞小器官、タンパク質の選別について学ぶ。

6回

細胞内区画と細胞内輸送(2)

太田

小胞輸送について学ぶ。

7回

細胞内区画と細胞内輸送(3)

太田

エクソサイトーシス、エンドサイトーシスについて学ぶ。

8回

細胞骨格(1)

太田

中間径フィラメントの構造と機能について学ぶ。

9回

細胞骨格(2)

太田

微小管の構造と機能について学ぶ。

10回

細胞骨格(3)

太田

アクチンの構造と機能について学ぶ。

11回

細胞周期(1)

太田

細胞周期制御系について学ぶ。

12回

細胞周期(2)

太田

サイクリン依存性キナーゼについて学ぶ。

13回

細胞分裂(1)

太田

有糸分裂について学ぶ。

14回

細胞分裂(2)

太田

細胞質分裂について学ぶ。

15回

まとめ

太田

全体の確認と復習

 
到達目標

細胞生物学の基本概念を理解する。

評価基準

定期試験により、その理解度を評価する。

準備学習
(予習・復習)

教科書を読んで予習し、配布プリントや講義ノートを参考にして前の授業の内容を理解し、次回の講義に備える。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 細胞の分子生物学 第6版 Bruce Alberts他 ニュートンプレス 24,084円
参考書 Molecular Biology of the Cell 第6版 Bruce Alberts ら Garland Publishing 約20,000円