研究概要
【生物科学専攻博士前期課程(修士課程)】
 
専門分野 指導教授 教育内容及び研究内容
生物物理学

米田 茂隆

教育
内容

生物物理学に関する理論的・実験的な研究手法を実際の研究例を挙げながら概説する。

研究
内容

1.生体分子の分子動力学シミュレーションの方法開発と応用
2.疾患プロテオーム解析の開発と応用
3.疾患関連ペプチドの探索と構造機能解析

遺伝子機能発現学

高松 信彦
岡本 康司

教育
内容

生物の高次機能と遺伝子との関りを、実際の研究例を挙げながら概説する。

研究
内容

(高松)
①哺乳動物の冬眠の分子メカニズムに関する研究
②脊椎動物の性決定・性分化機構の研究
③両生類の変態における細胞運命の決定機構に関する研究
(岡本)
細胞のがん化における遺伝子機能の破綻に関する分子生物学的解析

幹細胞学

木村 透

教育
内容

哺乳類における生殖系列と幹細胞システムの成立機構について概説する。

研究
内容

1、マウスの生殖細胞の発生と分化のメカニズム
2、多能性幹細胞の誘導と成立機構
3、幹細胞システムと生殖系列のエピジェネティック制御

細胞機能制御学

太田 安隆

教育
内容

細胞生物学研究に用いられる一般的方法を概説し、それを用いた研究例を紹介する。

研究
内容

1. 動物細胞の接着、移動、極性形成の分子メカニズムの研究
2. アクチン系細胞骨格の制御機構の研究
3. 低分子量GTP結合タンパク質のシグナル伝達の研究

免疫学

片桐 晃子

教育
内容

免疫システムのダイナミズムは、免疫細胞が病原体の侵入を、どのように監視し、その情報を伝え、排除しているのかを理解する上で、最も重要な事象のひとつである。免疫システムは全身性の監視機構であることを理解し、生体防御がダイナミックな免疫細胞間の相互作用によってどのように制御されているのかを理解する。

研究
内容

1. リンパ球の接着カスケードの制御機構
2. 免疫細胞遊走の分子機序の解明
3. LFA-1活性化シグナル分子群の時空間的変化の解析

分子生理学

教育
内容

開講せず

研究
内容