研究概要
【分子科学専攻博士後期課程】
 
専門分野 指導教授 教育内容及び研究内容
フォトニクス

吉國 裕三

教育
内容

最新の光エレクトロニクス技術を用い分子や生体に対する新しい知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘下げ、その成果を博士論文にまとめる。

研究
内容

1. 光を用いた新しい生体計測の研究
2. 干渉計測用光周波数制御の研究
3. 光誘起エネルギー移動の研究
4. 光励起分子の過渡分光の研究
5. 光機能性材料の研究

量子物理学

川﨑 健夫

教育
内容

素粒子物理・量子場の理論及び非線形力学系の理論に関する新しい成果及び知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘下げ、その成果を博士論文にまとめる。

研究
内容

1.素粒子・宇宙物理学の実験的研究
2.場の量子論に基づく対称性の研究
3.可積分系の理論の研究
4.非可換ゲージ場の理論の研究

X線結晶学

菅原 洋子

教育
内容

物質の構造と物性の相関の解明をめざし、高度な研究技法を駆使して研究を展開し、その成果を博士論文にまとめる。

研究
内容

1.水和機構の変化と相関した結晶構造転移現象と物性の解析
2. 蛋白質の結晶成長と分子間相互作用の解析
3. 分子動力学計算等を手段とした生体高分子構造の動的特性の解析

分子構造学

石川 春樹

教育
内容

分子とその集合体の動的構造に関する新しい知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘下げ、その成果を博士論文にまとめる。

研究
内容

1.レーザー分光法による分子及び分子クラスターの構造と反応の研究
2.生体関連常磁性金属錯体の電荷移動状態の分光学的研究
3.新規界面活性剤の合成と溶液物性及び生体膜への応用
4.ペプチド化合物の合成と結晶物性

反応機構学

丑田 公規

教育
内容

化学反応を支配する短寿命化学種の構造と反応性を論じ、基礎並び応用研究の立場から、興味ある化学反応系を主題に、反応全体の仕組みや応用研究開発の中での役割とその研究法について、研究を深化させる。

研究
内容

1.短寿命化学種に特異な化学反応の研究と新規研究手法の開発研究
2.設計された化学反応場での反応機構の研究
3.生体分子などの不均一な系で起きる特異的な化学反応の研究
4.創薬、酵素・免疫活性測定法などへ光化学過程を応用することを目指した基礎研究
5.新しい光機能性金属錯体の創製とその光化学

分子機能化学

真崎 康博

教育
内容

有機化合物の構造と物性・機能の相関に関する新しい成果及び知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘下げ、その成果を博士論文にまとめる。

研究
内容

1. 機能性物質の開発を指向した分子の設計と合成
2. 新規多分子系ホスト分子の開発とその結晶化学
3. 分子集合型有機ナノ構造体の創製とキャラクタリゼーション
(連携大学院方式による他研究機関等での研究)
4. 有機ELや有機トランジスタ素子を高効率に駆動させうる新しい有機電子材料の合成と物性評価

分子構築学

弓削 秀隆

教育
内容

機能性化合物合成の概念と具体的手法に関する新しい成果及び知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘下げ、その成果を博士論文にまとめる。

研究
内容

1. 金属酵素類似化合物の分子設計と合理的合成法開発、構造・機能相関の探究
2. 新規有機典型元素化合物の合成と構造、反応性の探索
3. 光学活性錯体の精密設計合成と応用展開
4. 鉄を活性中心とする環境調和型触媒の開拓と反応設計