研究概要
【生物科学専攻博士後期課程】
 
専門分野 指導教授 教育内容及び研究内容
生物物理学

米田 茂隆

教育
内容

生物物理学に関する理論的・実験的な研究手法を駆使、開発、応用して、その成果を博士論文にまとめる。

研究
内容

1.ウイルス外殻タンパク質の分子動力学シミュレーション
2.回転対称性境界条件の方法論開発
3.プロテオーム解析法の開発と応用

遺伝子機能発現学

高松 信彦
岡本 康司

教育
内容

遺伝子の機能・発現調節等に関する新しい成果及び知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘下げ、その成果を博士論文にまとめる。

研究
内容

(高松)
①哺乳動物の冬眠の分子メカニズムに関する研究
②脊椎動物の性決定・性分化機構の研究
③両生類の変態における細胞運命の決定機構に関する研究
(岡本)
細胞のがん化における遺伝子機能の破綻に関する分子生物学的解析

幹細胞学

木村 透

教育
内容

哺乳類の生殖系列と幹細胞システムの成立機構について新たな成果と知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘下げ、その成果を博士論文にまとめる。

研究
内容

1、マウスの生殖細胞の発生と分化のメカニズム
2、多能性幹細胞の誘導と成立機構
3、幹細胞システムと生殖系列のエピジェネティック制御

細胞機能制御学

太田 安隆

教育
内容

細胞生物学に関する新しい成果及び知見を求め,高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘下げ,その成果を博士論文にまとめる。

研究
内容

1. 動物細胞の接着、移動、極性形成の分子メカニズムの研究
2. アクチン系細胞骨格の制御機構の研究
3. 低分子量GTP結合タンパク質のシグナル伝達の研究

免疫学

片桐 晃子

教育
内容

がんや病原微生物に対する免疫応答とその制御に関わるメカニズムに関する新たな知見を求め、高度な研究技法を駆使して研究課題を深く掘り下げ、その成果を博士論文にまとめる。

研究
内容

1. 免疫監視機構を制御する分子メカニズムの解明
2. 動態制御の免疫応答への影響
3. 動態制御の破綻と自己免疫疾患

分子生理学

教育
内容

開講せず

研究
内容