【生体防御学】
(Microbiology and Immunology)
 
単  位:2単位 単位認定者: 錦見昭彦
授業時期: 前期 15コマ 科目分担者: 滝本博明
授業形態: 講義 週1コマ
 
授業の目的

免疫応答を深く理解し、免疫系の表現型としての感染防御機構について学ぶ。

教育内容

生体防御機構は、外来の異物であれ、自己由来の不用成分であれ、非自己抗原決定基の有無にかかわらず適切に処理する恒常性維持機構である。非自己抗原の識別に基盤を置く免疫は、この生体防御機構の最も進化したものとして位置づけられる。典型的な免疫応答をT細胞を主軸として解説し、さらに感染に対する防御機構を例として生体防御機構が実際に働く姿を解説する。

教育方法

最新の論文を読み、その内容について討論する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

序論

錦見

生体防御機構の基本理念

2回

自然免疫1

錦見

食細胞

3回

自然免疫2

錦見

樹状細胞

4回

自然免疫3

錦見

NK細胞

5回

適応免疫1

錦見

抗原提示

6回

適応免疫2

錦見

T細胞の分化

7回

適応免疫3

錦見

T細胞の機能

8回

病原微生物1

滝本

病原因子

9回

病原微生物2

滝本

生体防御機構からの回避

10回

生体防御機構1

滝本

自然免疫による感染防御機構

11回

生体防御機構2

滝本

適応免疫による感染防御機構1

12回

生体防御機構3

滝本

適応免疫による感染防御機構2

13回

生体防御機構4

滝本

ワクチン1

14回

生体防御機構5

滝本

ワクチン2

15回

まとめ

錦見・滝本

まとめ

 
到達目標

感染防御機構について考察・討論できるようにする。

評価基準

発表75点、討論25点として評価する。なお欠席は減点する。

準備学習
(予習・復習)

配付プリントを予め読み、各自で調べ臨むこと。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)