【構造有機化学】
(Structural Organic Chemistry)
 
単  位:2単位 単位認定者: 土屋敬広
授業時期: 前期 15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義 週1コマ
 
授業の目的

有機分子が示す様々な性質は、その立体構造と電子構造(電子状態)に依存したものであることが理解できるようにする。

教育内容

有機分子の構造、性質に関する豊富な情報をもとに、構造と性質の相関について解説し分子構造を規定する要因や芳香族性、歪み等の諸性質を理解するために、これまでどのような実験的・理論的アプローチがなされてきたかについて解説する。

教育方法

関連する文献を資料として配付し、それを読み解く形で講義を展開する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

電子構造論1

土屋

量子論からみた電子の振る舞い、原子の電子構造

2回

電子構造論2

土屋

化学結合と分子軌道、軌道間相互作用

3回

電子構造論3

土屋

種々の化学結合、分子の電子的諸性質

4回

電子構造論4

土屋

共役化合物、分子間および分子内相互作用と軌道間相互作用

5回

共役電子系1

土屋

芳香族性

6回

共役電子系2

土屋

様々な共役電子系

7回

共役電子系3

土屋

カルボカチオン

8回

共役電子系4

土屋

カルボアニオン

9回

分子構造1

土屋

立体異性とキラリティー

10回

分子構造2

土屋

歪みと分子のかたち

11回

分子構造3

土屋

立体配座解析

12回

分子構造4

土屋

分子力学

13回

分子集合体1

土屋

分子認識と分子組織体

14回

分子集合体2

土屋

分子性結晶

15回

まとめ

土屋

 
到達目標

軌道間相互作用の考えに基づいた有機分子の組み立てと、生成した分子の電子構造が大まかに把握できるようにする。分子の種々の性質を、電子構造を理解することによりある程度予測できるようにする。

評価基準

課題レポート等で評価する。なお、欠席は減点する。

準備学習
(予習・復習)

授業演習に際し、各自予め予習すること。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 資料を配付する
参考書 (なし)