【細胞機能制御学】
(Molecular Cell Biology)
 
単  位:2単位 単位認定者: 太田安隆
授業時期: 後期 15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義 週1コマ
 
授業の目的

細胞機能の制御機構について理解を深め、生命現象における細胞機能の重要性を学ぶ。

教育内容

細胞機能の制御機構に関する重要な論文を輪読して学び,細胞生物学的方法論について理解を深め,今後の課題についても考察する。

教育方法

ゼミナール形式で行い,英語論文を輪読することで、専門分野の理解を深める。パワーポイントを用いた学生による発表を行う。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

細胞運動(1)

太田

細胞運動の制御機構に関する最近の論文を輪読し、その内容について概説する。

2回

細胞運動(2)

太田

細胞運動と細胞骨格に関する最近の論文を輪読し、その内容について概説する。

3回

細胞運動(3)

太田

細胞運動とシグナル伝達に関する最近の論文を輪読し、その内容について概説する。

4回

細胞骨格(1)

太田

アクチン系細胞骨格

5回

細胞骨格(2)

太田

微小管

6回

細胞骨格(3)

太田

中間径繊維

7回

細胞極性(1)

太田

細胞極性と細胞運動

8回

細胞極性(2)

太田

細胞極性の制御機構

9回

細胞極性(3)

太田

細胞極性とシグナル伝達

10回

膜輸送(1)

太田

膜輸送と細胞運動

11回

膜輸送(2)

太田

膜輸送の制御機構

12回

膜輸送(3)

太田

膜輸送と細胞極性

13回

シグナル伝達(1)

太田

シグナル伝達と細胞運動

14回

シグナル伝達(2)

太田

small GTPaseを介したシグナル伝達

15回

まとめ

太田

全体の確認と復習

 
到達目標

細胞機能制御に関する最新の知見を理解し,受講者の研究に応用できる能力を身につける。

評価基準

評価は、レポートで判定する。授業への積極的な参加は加点対象とする。

準備学習
(予習・復習)

研究に必要となる文献を読み込む。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)