【量子物理学】
(Quantum Physics)
 
単  位:2単位 単位認定者: 川﨑健夫
授業時期: 後期 15コマ 科目分担者: 今野智之
授業形態: 講義 週1コマ
 
授業の目的

素粒子物理学・宇宙物理学の実験的研究における、粒子線測定技術・放射線計測・データ処理方法について講義し、研究に必要な知識と能力を習得することを目標とする。

教育内容

素粒子物理学研究の歴史的発展、実験計画の立案と実現、検出器およびエレクトロニクスの原理を取り扱う。

教育方法

随時に指定する原著論文の講読(輪講)と、講義を取り混ぜた形式でおこなう。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回 〜5回

素粒子物理学の基礎と発展

川﨑 健夫、今野 智之

素粒子物理学の理論的枠組と歴史的発展について

6回 〜10回

素粒子実験で用いる測定技術

川﨑 健夫、今野 智之

素粒子実験で用いる種々の測定器の性能と動作原理について

11回 〜15回

素粒子実験の最前線

川﨑 健夫、今野 智之

最先端の素粒子実験の概要について

 
到達目標

素粒子物理学・宇宙物理学の実験的研究に必要な知識と基本的研究能力を習得することを目標とする。

評価基準

講義と輪講の反復で授業を展開し、発表、討論の内容とレポートによって総合評価する。

準備学習
(予習・復習)

指定した論文の予習を準備とし、質疑応答を通した復習により理解度の確認をおこなう。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)