【免疫学】
(Molecular Immunology)
 
単  位:2単位 単位認定者: 片桐晃子
授業時期: 後期 15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義 週1コマ
 
授業の目的

生体防御における諸現象を理解し、未解決な面について考察する力をつける。

教育内容

1.現代免疫学の研究に必要な解析技術およびデータ解析方法について、実際行われた研究を例にとり解説を行う。
2. ’Nature’、‘Science’、‘Cell’などの一流雑誌に発表された免疫や細胞生物学に関する最新の研究論文を読み、その内容を討議することにより、免疫学や細胞生物学に対する理解を深める。

教育方法

最新の論文を読み、その内容について討論する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

免疫監視機構Ⅰ

片桐晃子

免疫細胞の生体内移動

2回

免疫監視機構Ⅱ

片桐晃子

免疫細胞のアドレスコード

3回

遊走因子

片桐晃子

ケモカイン・ケモカイン受容体の働き

4回

接着分子

片桐晃子

インテグリンの種類とそのリガンド

5回

細胞移動の仕組み

片桐晃子

細胞遊走の分子機構

6回

胸腺とT細胞分化 

片桐晃子

胸腺の構造とTリンパ球の分化の関係

7回

胚中心形成

片桐晃子

抗体産生細胞へ分化におけるB細胞とT細胞の動態

8回

親和性成熟

片桐晃子

感染防御能力の高い抗体が作成される仕組み

9回

リンパ球の再循環Ⅰ

片桐晃子

高内皮細静脈(HEV)と間質性遊走

10回

リンパ球の再循環Ⅱ

片桐晃子

リンパ球の移出機構

11回

炎症反応

片桐晃子

炎症の病態形成

12回

炎症と細胞侵潤

片桐晃子

炎症部位への免疫細胞移動機構

13回

樹状細胞の動態

片桐晃子

樹状細胞の分化と生体内移動

14回

抗原提示細胞とT細胞活性化

片桐晃子

抗原提示細胞とT細胞の接着動態が活性化へ与える影響

15回

まとめ

片桐晃子

全体の確認と復習

 
到達目標

生体防御に関する論文を理解し、問題点を明らかにする力を身につける。

評価基準

論文発表及び質疑応答の内容、レポートにより総合的に判断する。

準備学習
(予習・復習)

配布プリントをあらかじめ読み、各自で調べ臨むこと。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)