【幹細胞システム学】
(Stem Cell Biology)
 
単  位:2単位 単位認定者: 木村透
授業時期: 後期 15コマ 科目分担者:
授業形態: 講義 週1コマ
 
授業の目的

幹細胞システム、生殖系列の発生、そのエピジェネティック制御について理解を深め、生命現象の解明に応用できる能力を涵養する。

教育内容

ヒトを含む哺乳類における幹細胞システム、生殖系列の発生、そのエピジェネティック制御について、実験例を具体的に示しながら、詳細に講義する。また、これらの研究の生物学的意義に加えて、基礎医学や応用研究への展開についても考察する。

教育方法

幹細胞システム、生殖系列の発生、そのエピジェネティック制御に関する最新の学術論文を精読する。研究の背景、実験系のデザインと結果、考察と展開についてプレゼンテーションを行う。その内容について批判的に討論する。

 
講義内容(シラバス)
項  目 担当者 授業内容

1回

幹細胞システム(1)

木村

幹細胞システムに関する最新の知見を講義する。

2回

幹細胞システム(2)

木村

幹細胞システムに関する最新の知見を講義する。

3回

幹細胞システム(3)

木村

幹細胞システムに関する最新の論文を発表し討論する。

4回

幹細胞システム(4)

木村

幹細胞システムに関する最新の論文を発表し討論する。

5回

幹細胞システム(5)

木村

幹細胞システムに関する最新の論文を発表し討論する。

6回

生殖細胞の発生と分化(1)

木村

生殖細胞の発生と分化に関する最新の知見を講義する。

7回

生殖細胞の発生と分化(2)

木村

生殖細胞の発生と分化に関する最新の知見を講義する。

8回

生殖細胞の発生と分化(3)

木村

生殖細胞の発生と分化に関する最新の論文を発表し討論する。

9回

生殖細胞の発生と分化(4)

木村

生殖細胞の発生と分化に関する最新の論文を発表し討論する。

10回

生殖細胞の発生と分化(5)

木村

生殖細胞の発生と分化に関する最新の論文を発表し討論する。

11回

エピジェネティクス(1)

木村

エピジェネティクスに関する最新の知見を講義する。

12回

エピジェネティクス(2)

木村

エピジェネティクスに関する最新の知見を講義する。

13回

エピジェネティクス(3)

木村

エピジェネティクスに関する最新の論文を発表し討論する。

14回

エピジェネティクス(4)

木村

エピジェネティクスに関する最新の論文を発表し討論する。

15回

まとめ

木村

全体の確認と復習をおこなう。

 
到達目標

幹細胞システム、生殖系列の発生、エピジェネティック制御について概念や研究手法を理解する。その内容を、自らの研究に応用できる。

評価基準

課題レポート、発表および討議により判定する。授業への積極的な参加は加点対象とする。欠席は減点する。

準備学習
(予習・復習)

関連する原著学術文献を指示するので、事前に読んでおく。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 自作のプリント
参考書 (なし)