【分子科学特別講義Ⅰ】
(Advanced Lecture on Current Topics in Molecular Science I)
 
単  位:2単位 単位認定者: 分子科学専攻主任
授業時期: 2年通年 科目分担者: 吉國裕三 川﨑健夫 小寺義男 石川春樹 丑田公規 真崎康博 弓削秀隆
授業形態: 講義
 
授業の目的

分子科学専攻の研究にかかわる周辺領域において,分子及び分子集合体の構造や性質の解析や,様々な現象に対して物理的視点,化学的視点から取り組んでいる最先端のトピックスを学び、大学院修士課程における研究の基盤を充実させる。

教育内容

分子科学及びその周辺領域の研究について、最先端のトピックスを教授する。

教育方法

集中講義により実施する(オムニバス形式)

 
講義内容(シラバス)
担当者 授業内容

吉國 裕三

光を制御する電磁気学的及び量子力学的手法について解説し、それらの手法を用いた極限計測や生体計測について概説する。

川﨑 健夫

素粒子物理学における標準模型およびそれを超えた物理を探索する測定技術について概説する。

小寺 義男

ESRならびにNMRを用いた生体高分子の構造解析について概説する。

石川 春樹

分子間相互作用,機能性と構造の関係について分子クラスターを対象とした分光学的研究の最先端のトピックスを解説する。

丑田 公規

自然界に存在する様々な化学反応のメカニズムを決定づける重要な短寿命化学種の構造や反応性に関する最先端のトピックスを解説する。

真崎 康博

機能性有機化合物、有機分子集合体の物性・機能と構造との相関についての最新トピックスを精選して解説する。

弓削 秀隆

典型元素・遷移元素化合物の開拓と触媒反応等の化学的挙動の探究についての最先端のトピックスを精選して解説する。

 
到達目標

分子科学専攻の研究にかかわる周辺領域の研究についての最先端のトピックスを学び、自己の研究に生かせるようになる。

評価基準

レポート、議論への参加に対する積極性などに基づき評価する。

準備学習
(予習・復習)

日頃から関連分野への高い関心を持ち、受講にあたっては事前に提示される講義概要を参考として、テーマについて予習をしておくこと。

その他

指定されたセミナー等のうち8課題以上を受講すること。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 講義中に提示する