【分子機能化学特別研究Ⅰ】
(Molecular Functional Chemistry)
 
単  位:16単位 単位認定者: 真崎康博
授業時期: 2年通年 科目分担者: 土屋敬広 相原秀典 長谷川真士 上田将史
授業形態: 実験
 
授業の目的

基礎的研究技法を習得し、専攻分野に関する研究の一端を担い、その成果を学位論文にまとめる。

教育内容

基礎的研究技法の習得と、自身の研究の計画的遂行

教育方法

研究の計画的遂行と学会等での研究成果の発表・討論

 
講義内容(シラバス)
担当者 授業内容

真崎康博
土屋敬広
相原秀典
長谷川真士
上田将史

機能性有機化合物、有機分子集合体の合成と構造決定に関する基礎的研究技法を習得するとともに、機能性有機化合物、有機分子集合体の物性・機能と構造との相関に関する課題について研究し、その成果を修士論文にまとめる。

 
到達目標

基礎的研究技法の習得と研究計画の立案

評価基準

基本的研究技法の習得、各自の特別研究課題への取り組み、その成果としての修士論文及び論文発表会における発表能力を総合的に評価する。

準備学習
(予習・復習)

自分の研究分野に関連する論文に常に目を通し、その内容、方法、技術等を理解し、それを研究に役立てようとする意識を常に持ち続ける努力をする。討論会等に積極的に参加し、研究に関しての評価、指摘、注意に応答することを含めた議論を行い、それを自分の研究に還元する態度を養う。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)