【分子機能化学輪講Ⅰ】
(Molecular Functional Chemistry)
 
単  位:4単位 単位認定者: 真崎康博
授業時期: 2年通年 科目分担者: 土屋敬広 相原秀典 長谷川真士 上田将史
授業形態: 演習
 
授業の目的

研究成果を発表・議論し、関連分野の研究を客観的に評価する能力を養う。

教育内容

文献の輪読と研究発表

教育方法

関連分野の文献の輪読と研究成果の発表及びそれらに付随する議論を行う。

 
講義内容(シラバス)
担当者 授業内容

真崎康博
土屋敬広
相原秀典
長谷川真士
上田将史

機能性有機化合物、有機分子集合体の物性・機能と構造との相関についての内外の文献を講読して、その内容を的確に理解し、客観的に評価する能力を養うとともに、他に対してそれを理解させるためのプレゼンテーション能力、ひいては学生自身の研究成果を発表・討論する能力を養う。

 
到達目標

研究成果の発表・討論および客観的な研究評価が出来るようになる

評価基準

学術文献の理解、ゼミナールにおける発表能力、討論への参加に対する積極性などを総合的に評価する。

準備学習
(予習・復習)

有機化学分野の最新論文を頻繁に閲覧する習慣を身につける努力をする。その中で興味を持ったものを精読し、関連する文献と併せて内容をまとめ理解する。その上で、これをわかりやすく説明するための方法・資料内容を検討し、説明資料を作成する。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)