【分子構築学輪講Ⅰ】
(Molecular Synthesis and Catalysis)
 
単  位:4単位 単位認定者: 弓削秀隆
授業時期: 2年通年 科目分担者: 梶山和政 吉田純 神谷昌宏
授業形態: 演習
 
授業の目的

関連分野の文献の講読と研究成果の発表・検討をとおして研究を客観的に評価する能力を養う。

教育内容

研究テーマに関わる文献を精読し、正しく内容を理解するとともに、研究展開力、考察力を養う。

教育方法

研究テーマに関わる文献を精読し、その内容をまとめて報告して理解を確認する。さらに、内容についての討論を通じて理解を深化させる。

 
講義内容(シラバス)
担当者 授業内容

弓削秀隆
梶山和政
吉田 純
神谷昌宏

典型元素化合物・遷移元素化合物及びそれらの分子集合体等の合成・構造・機能に関連した国際ジャーナルを講読して、個々の論文の客観的評価法を身につけるように指導し、同時に学生自身の研究成果について発表・説明・討論できる力を育成する。

 
到達目標

関連分野の学術論文を正しく理解し、評価できるようになる。

評価基準

学術文献の理解、ゼミナールにおける発表能力、討論への参加に対する積極性などを総合的に評価する。

準備学習
(予習・復習)

担当する学術論文を精読し、内容をまとめ、討論に備えたスライド、配布物等を準備する。輪講後に理解が誤っていた点、不足していた点等があれば、これを確認し、事前に作成したまとめに修正を加える。

 
  (書  名) (著者名) (出版社名) (定価)
教科書 (なし)
参考書 (なし)