#科目名:start##科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#単位#単位:end#
#単位認定者:start##単位認定者:end#
#授業期間:start# #授業期間:end#
#科目分担者:start##科目分担者:end#
#授業形態:start# #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# #教育目標:end#
#教育内容:start#   #教育内容:end#
#教育方法:start#   #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#1#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3:end#
#表4:start#2#表4:start2#
#到達目標:start# #到達目標:end#
#評価基準:start# #評価基準:end#
#準備学習:start# #準備学習:end#
#表4:end#
#表5:start#1#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#(なし)#書名:end#
#著者名:start##著者名:end#
#出版社名:start##出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start#参考書#分類:end#
#書名L:start#(なし)#書名:end#
#著者名L:start##著者名:end#
#出版社名L:start##出版社名:end#
#定価L:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start##科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#単位#単位:end#
#単位認定者:start##単位認定者:end#
#授業期間:start# #授業期間:end#
#科目分担者:start##科目分担者:end#
#授業形態:start# #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# #教育目標:end#
#教育内容:start#   #教育内容:end#
#教育方法:start#   #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#1#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3:end#
#表4:start#2#表4:start2#
#到達目標:start# #到達目標:end#
#評価基準:start# #評価基準:end#
#準備学習:start# #準備学習:end#
#表4:end#
#表5:start#1#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#(なし)#書名:end#
#著者名:start##著者名:end#
#出版社名:start##出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start#参考書#分類:end#
#書名L:start#(なし)#書名:end#
#著者名L:start##著者名:end#
#出版社名L:start##出版社名:end#
#定価L:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start##科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#単位#単位:end#
#単位認定者:start##単位認定者:end#
#授業期間:start# #授業期間:end#
#科目分担者:start##科目分担者:end#
#授業形態:start# #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# #教育目標:end#
#教育内容:start#   #教育内容:end#
#教育方法:start#   #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#1#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3:end#
#表4:start#2#表4:start2#
#到達目標:start# #到達目標:end#
#評価基準:start# #評価基準:end#
#準備学習:start# #準備学習:end#
#表4:end#
#表5:start#1#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#(なし)#書名:end#
#著者名:start##著者名:end#
#出版社名:start##出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start#参考書#分類:end#
#書名L:start#(なし)#書名:end#
#著者名L:start##著者名:end#
#出版社名L:start##出版社名:end#
#定価L:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start#フォトニクス#科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#2単位#単位:end#
#単位認定者:start# 吉國裕三  #単位認定者:end#
#授業期間:start# 後期 15コマ #授業期間:end#
#科目分担者:start# 黒田圭司  金本明彦  稲田妙子  #科目分担者:end#
#授業形態:start# 講義 週1コマ #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# 光の吸収・放出・伝播などの光と物質の相互作用について電磁気学と量子力学に基づいて理解し、光増幅、レーザ、干渉計測など光を用いた最先端の研究について解説する。 #教育目標:end#
#教育内容:start# 光を用いて情報の伝達・処理等の様々な機能を実現する方法について学ぶ。マックスウェル方程式を用いて反射・屈折等の光の性質を電磁波の伝播問題として取扱い、光導波路・光共振器等のフォトニクスで重要な概念について学ぶ。原子・分子と電磁波の相互作用について基礎的な量子力学を基にして学習し、光の増幅現象やレーザ発振の原理を理解する。 #教育内容:end#
#教育方法:start# 授業を中心とし、必要に応じて演習・小テストを実施する。 #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#16#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 1回 #回:end#
#項目:start# フォトニクスの基礎 #項目:end#
#担当者:start# 吉國 #担当者:end#
#授業内容:start# 光を用いた情報の伝達・処理について概説する #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 2回 #回:end#
#項目:start# 光の伝播 #項目:end#
#担当者:start# 吉國 #担当者:end#
#授業内容:start# マックスウェル方程式から反射・屈折などの光の性質を導出し、光の電磁波としての取扱いを学ぶ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 3回 #回:end#
#項目:start# 光の反射・屈折 #項目:end#
#担当者:start# 吉國 #担当者:end#
#授業内容:start# 光の反射・屈折について学ぶ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 4回 #回:end#
#項目:start# 光の導波 #項目:end#
#担当者:start# 吉國 #担当者:end#
#授業内容:start# 光導路の解析法について学ぶ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 5回 #回:end#
#項目:start# 光導波路 #項目:end#
#担当者:start# 吉國 #担当者:end#
#授業内容:start# 2次元光導波路について学ぶ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 6回 #回:end#
#項目:start# 光の散乱 #項目:end#
#担当者:start# 吉國 #担当者:end#
#授業内容:start# 光と物質の相互作用について学ぶ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 7回 #回:end#
#項目:start# 光の吸収・放出 #項目:end#
#担当者:start# 吉國 #担当者:end#
#授業内容:start# 光と物質の間のエネルギー移動について学ぶ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 8回 #回:end#
#項目:start# 自然放出 #項目:end#
#担当者:start# 吉國 #担当者:end#
#授業内容:start# 自然放出と誘導放出について学ぶ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 9回 #回:end#
#項目:start# 反転分布 #項目:end#
#担当者:start# 吉國 #担当者:end#
#授業内容:start# 光の増幅現象について学ぶ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 10回 #回:end#
#項目:start# レーザ共振器 #項目:end#
#担当者:start# 吉國 #担当者:end#
#授業内容:start# レーザの共振器について学ぶ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 11回 #回:end#
#項目:start# 光と量子力学 #項目:end#
#担当者:start# 吉國 #担当者:end#
#授業内容:start# 光と量子効果の関連について学習する #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 12回 #回:end#
#項目:start# 光と低次元電子 #項目:end#
#担当者:start# 吉國 #担当者:end#
#授業内容:start# 量子井戸、量子ドットなど量子効果に基づく光の吸収・放出について学習する #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 13回 #回:end#
#項目:start# フォトニクスの応用(1) #項目:end#
#担当者:start# 吉國・黒田・金本・稲田 #担当者:end#
#授業内容:start# レーザ、光増幅器、光導波路、光共振器等を応用した光計測技術について学習する #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 14回 #回:end#
#項目:start# フォトニクスの応用(2) #項目:end#
#担当者:start# 吉國・黒田・金本・稲田 #担当者:end#
#授業内容:start# レーザ、光増幅器、光導波路、光共振器等を応用した光計測技術について学習する #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回L:start# 15回 #回:end#
#項目L:start# まとめ #項目:end#
#担当者L:start# 吉國 #担当者:end#
#授業内容L:start# 全体の確認と復習 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3:end#
#表4:start#2#表4:start2#
#到達目標:start# マックスウェル方程式を用いて反射・屈折等の光の性質を電磁波の伝播問題として取扱い、光導波路・光共振器等のフォトニックスで重要な概念について学ぶ。原子・分子と電磁波の相互作用について電磁気学と基礎的な量子力学を基にして学習し、光の増幅現象やレーザ発振の原理を理解する。 #到達目標:end#
#評価基準:start#レポートを中心に総合的に評価する。#評価基準:end#
#準備学習:start#授業のホームページで指示する。#準備学習:end#
#表4:end#
#表5:start#2#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#光波工学#書名:end#
#著者名:start#栖原 敏明#著者名:end#
#出版社名:start#コロナ社#出版社名:end#
#定価:start#3,360円#定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start#参考書#分類:end#
#書名L:start#(なし)#書名:end#
#著者名L:start##著者名:end#
#出版社名L:start##出版社名:end#
#定価L:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start#X線結晶学#科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#2単位#単位:end#
#単位認定者:start# 菅原洋子  #単位認定者:end#
#授業期間:start# 後期 15コマ #授業期間:end#
#科目分担者:start# 猿渡茂  山村滋典  #科目分担者:end#
#授業形態:start# 講義 週1コマ #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# 物理学、化学、生物科学を始め、広い分野で活用されている結晶構造解析の概要を理解し、これを有効に利用できるようになることを目標とする。 #教育目標:end#
#教育内容:start# 回折理論、位相決定法などの結晶構造解析の基礎について概論する。また、結晶学的手法を用いた解析により得られる知見について解説する。 #教育内容:end#
#教育方法:start# プリントを配布し、これに沿ってゼミナール形式で講義を進めていく。 #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#16#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 1回 #回:end#
#項目:start# 序論 #項目:end#
#担当者:start# 菅原 #担当者:end#
#授業内容:start# 結晶構造解析手法について概観する #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 2回 #回:end#
#項目:start# 結晶構造情報(I) #項目:end#
#担当者:start# 菅原 #担当者:end#
#授業内容:start# 結晶構造情報について学ぶ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 3回 #回:end#
#項目:start# 結晶構造情報(II) #項目:end#
#担当者:start# 菅原 #担当者:end#
#授業内容:start# 結晶構造情報について学ぶ(続) #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 4回 #回:end#
#項目:start# 結晶による回折(II) #項目:end#
#担当者:start# 菅原 #担当者:end#
#授業内容:start# 3次元格子による回折についての数学的取り扱いを復習する #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 5回 #回:end#
#項目:start# 結晶構造解析の原理(I) #項目:end#
#担当者:start# 菅原 #担当者:end#
#授業内容:start# 晶族、空間群について復習し、空間群の決定法について学ぶ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 6回 #回:end#
#項目:start# 結晶構造解析の原理(II) #項目:end#
#担当者:start# 菅原 #担当者:end#
#授業内容:start# 回折強度からの構造決定に必要な位相決定法について学ぶ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 7回 #回:end#
#項目:start# 結晶構造解析の原理(III) #項目:end#
#担当者:start# 菅原 #担当者:end#
#授業内容:start# 回折強度からの構造決定に必要な位相決定法について学ぶ(続) #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 8回 #回:end#
#項目:start# 粉末結晶構造解析(I) #項目:end#
#担当者:start# 菅原 #担当者:end#
#授業内容:start# 粉末回折強度からの構造決定法について学ぶ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 9回 #回:end#
#項目:start# 粉末結晶構造解析(II) #項目:end#
#担当者:start# 菅原 #担当者:end#
#授業内容:start# 粉末回折強度からの構造決定法について学ぶ(続) #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 10回 #回:end#
#項目:start# 粒子線による結晶構造解析(I) #項目:end#
#担当者:start# 山村 #担当者:end#
#授業内容:start# 中性子構造解析の原理について学ぶ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 11回 #回:end#
#項目:start# 粒子線による結晶構造解析(II) #項目:end#
#担当者:start# 山村 #担当者:end#
#授業内容:start# 中性子構造解析の実例について学ぶ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 12回 #回:end#
#項目:start# 粒子線による結晶構造解析(III) #項目:end#
#担当者:start# 猿渡 #担当者:end#
#授業内容:start# 電子線結晶構造解析について学ぶ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 13回 #回:end#
#項目:start# 結晶構造解析から何がわかるか #項目:end#
#担当者:start# 猿渡 #担当者:end#
#授業内容:start# 温度因子、NMRによる立体構造解析、Protein Data Bankについて学ぶ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 14回 #回:end#
#項目:start# 結晶構造解析実験 #項目:end#
#担当者:start# 菅原 #担当者:end#
#授業内容:start# 結晶構造解析実験の最先端について概観する #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回L:start# 15回 #回:end#
#項目L:start# まとめ #項目:end#
#担当者L:start# 菅原 #担当者:end#
#授業内容L:start# 全体のまとめを行う #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3:end#
#表4:start#2#表4:start2#
#到達目標:start# 結晶構造解析は、どのような原理の上に立ち、どのような実験および解析の手順に従って行われるかを理解する。また、解析結果は、他の手法と比較し、どのような利点と留意点をもつかを知る。 #到達目標:end#
#評価基準:start#評価は、演習、レポートの総合評価とする。#評価基準:end#
#準備学習:start#本講義の基礎となる学部でのX線結晶構造解析にかかわる講義内容および学生実験の内容を良く復習して講義に臨むこと。#準備学習:end#
#表4:end#
#表5:start#3#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#プリントを配布#書名:end#
#著者名:start##著者名:end#
#出版社名:start##出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start#参考書#分類:end#
#書名L:start#X線結晶学(上・下)#書名:end#
#著者名L:start#仁田勇編#著者名:end#
#出版社名L:start#丸善#出版社名:end#
#定価L:start#(上)16000円、(下)12000円#定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start#反応機構学#科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#2単位#単位:end#
#単位認定者:start# 丑田公規  #単位認定者:end#
#授業期間:start# 後期 15コマ #授業期間:end#
#科目分担者:start# 犬井洋  #科目分担者:end#
#授業形態:start# 講義 週1コマ #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# 反応を方向付ける鍵となる短寿命化学種に焦点を当て、それらの構造や反応に関する理解を深め、さらなる解明のための研究方法を学ぶ。 #教育目標:end#
#教育内容:start# 化学結合の組み替えを伴うような反応の中間体として、遊離基、イオン種、多重項分子、励起状態などの短寿命ではあるが反応の全体を方向付ける鍵となる重要な化学種が多い。このような短寿命化学種の構造と反応性を論じ、反応全体の仕組みの中での役割を考察する。さらに、レーザー光分解、放射線分解を始めとするその生成法と、それらの実験技術についても考察を加える。 #教育内容:end#
#教育方法:start# 写真などの表示以外はパワーポイントの使用を避け、板書により学生の理解度を確認しながら授業を進める。さらに、講義内容の基本的な部分について練習問題を用意して解かせる。最後にその日の講義内容のプリントを配布する。 #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#16#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 1回 #回:end#
#項目:start# 一般原理 #項目:end#
#担当者:start# 丑田 #担当者:end#
#授業内容:start# 中間体の定義 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 2回 #回:end#
#項目:start# 一般原理 #項目:end#
#担当者:start# 丑田 #担当者:end#
#授業内容:start# 中間体の電子構造の特徴 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 3回 #回:end#
#項目:start# 気相のラジカルと反応 #項目:end#
#担当者:start# 丑田 #担当者:end#
#授業内容:start# 気相のラジカル反応 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 4回 #回:end#
#項目:start# ラジカルの研究方法(1) #項目:end#
#担当者:start# 丑田 #担当者:end#
#授業内容:start# ラジカルの生成法、研究手法 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 5回 #回:end#
#項目:start# ラジカルの研究方法(2) #項目:end#
#担当者:start# 丑田 #担当者:end#
#授業内容:start# 電子スピン共鳴、吸収スペクトル、低温マトリックス法 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 6回 #回:end#
#項目:start# ラジカルの蛍光 #項目:end#
#担当者:start# 丑田 #担当者:end#
#授業内容:start# 蛍光を出すラジカル #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 7回 #回:end#
#項目:start# イオンラジカル(1) #項目:end#
#担当者:start# 丑田 #担当者:end#
#授業内容:start# イオンラジカルの生成方法 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 8回 #回:end#
#項目:start# イオンラジカル(2) #項目:end#
#担当者:start# 丑田 #担当者:end#
#授業内容:start# イオンラジカルの研究方法 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 9回 #回:end#
#項目:start# イオンラジカル(3) #項目:end#
#担当者:start# 丑田 #担当者:end#
#授業内容:start# イオンラジカルの反応 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 10回 #回:end#
#項目:start# 励起三重項状態 #項目:end#
#担当者:start# 犬井 #担当者:end#
#授業内容:start# 励起三重項状態のダイナミクス #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 11回 #回:end#
#項目:start# 基底多重項分子 #項目:end#
#担当者:start# 犬井 #担当者:end#
#授業内容:start# 基底多重項分子の構造と電子状態 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 12回 #回:end#
#項目:start# 極低温マトリックス法(1) #項目:end#
#担当者:start# 犬井 #担当者:end#
#授業内容:start# 低温マトリックス法の特徴 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 13回 #回:end#
#項目:start# 極低温マトリックス法(2) #項目:end#
#担当者:start# 犬井 #担当者:end#
#授業内容:start# 低温マトリックスで見られる量子現象 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 14回 #回:end#
#項目:start# 反応中間体の理論計算 #項目:end#
#担当者:start# 犬井 #担当者:end#
#授業内容:start# 分子軌道法と密度氾関数法を用いた解析 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回L:start# 15回 #回:end#
#項目L:start# 反応中間体研究のこれから #項目:end#
#担当者L:start# 丑田 #担当者:end#
#授業内容L:start# まとめ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3:end#
#表4:start#2#表4:start2#
#到達目標:start# 様々な短寿命中間体をよく知ることにより反応機構の仮説を立て、適切な手段によりそれを実証することができるようになること。 #到達目標:end#
#評価基準:start#論文紹介の演習により評価する。#評価基準:end#
#準備学習:start#前回の講義内容のプリントの熟読と練習問題の完全な理解。#準備学習:end#
#表4:end#
#表5:start#1#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#(なし)#書名:end#
#著者名:start##著者名:end#
#出版社名:start##出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start#参考書#分類:end#
#書名L:start#(なし)#書名:end#
#著者名L:start##著者名:end#
#出版社名L:start##出版社名:end#
#定価L:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start#分子機能化学#科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#2単位#単位:end#
#単位認定者:start# 真崎康博  #単位認定者:end#
#授業期間:start# 前期 15コマ #授業期間:end#
#科目分担者:start##科目分担者:end#
#授業形態:start# 講義 週1コマ #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# 分子や分子集合体が示すいわゆる分子機能は、その構成単位となる分子の立体構造、電子状態および分子の集合様式によって発現することを示し、近年活発化している分子デバイス等の開発現状について解説することにより、機能性有機物質構築のための分子設計に関して考察することができるようにする。 #教育目標:end#
#教育内容:start# 機能性有機化合物・有機分子集合体の物性・機能とそれらの構造、特に三次元構造・立体配座との関連について、物理有機化学の立場からの知見を最近の研究例を用いて解説して、その理論的根拠を明らかにするとともに、その研究方法・手段について述べる。 #教育内容:end#
#教育方法:start# 機能性分子に関連する文献を資料として配付し、それを読み解く形で講義を展開する。配付する資料は最新のジャーナルを使用するため、授業内容については、その都度配付資料とともに説明する。なお、ひとつの文献について2週に渡って講義を展開する。 #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#16#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 1回 #回:end#
#項目:start# 機能性分子に関する研究の概説1-1 #項目:end#
#担当者:start# 真崎 #担当者:end#
#授業内容:start# 機能性分子に関する論文の講読と解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 2回 #回:end#
#項目:start# 機能性分子に関する研究の概説1-2 #項目:end#
#担当者:start# 真崎 #担当者:end#
#授業内容:start# 機能性分子に関する論文の講読と解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 3回 #回:end#
#項目:start# 機能性分子に関する研究の概説2-1 #項目:end#
#担当者:start# 真崎 #担当者:end#
#授業内容:start# 機能性分子に関する論文の講読と解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 4回 #回:end#
#項目:start# 機能性分子に関する研究の概説2-2 #項目:end#
#担当者:start# 真崎 #担当者:end#
#授業内容:start# 機能性分子に関する論文の講読と解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 5回 #回:end#
#項目:start# 機能性分子に関する研究の概説3-1 #項目:end#
#担当者:start# 真崎 #担当者:end#
#授業内容:start# 機能性分子に関する論文の講読と解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 6回 #回:end#
#項目:start# 機能性分子に関する研究の概説3-2 #項目:end#
#担当者:start# 真崎 #担当者:end#
#授業内容:start# 機能性分子に関する論文の講読と解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 7回 #回:end#
#項目:start# 機能性分子に関する研究の概説4-1 #項目:end#
#担当者:start# 真崎 #担当者:end#
#授業内容:start# 機能性分子に関する論文の講読と解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 8回 #回:end#
#項目:start# 機能性分子に関する研究の概説4-2 #項目:end#
#担当者:start# 真崎 #担当者:end#
#授業内容:start# 機能性分子に関する論文の講読と解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 9回 #回:end#
#項目:start# 機能性分子に関する研究の概説5-1 #項目:end#
#担当者:start# 真崎 #担当者:end#
#授業内容:start# 機能性分子に関する論文の講読と解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 10回 #回:end#
#項目:start# 機能性分子に関する研究の概説5-2 #項目:end#
#担当者:start# 真崎 #担当者:end#
#授業内容:start# 機能性分子に関する論文の講読と解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 11回 #回:end#
#項目:start# 機能性分子に関する研究の概説6-1 #項目:end#
#担当者:start# 真崎 #担当者:end#
#授業内容:start# 機能性分子に関する論文の講読と解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 12回 #回:end#
#項目:start# 機能性分子に関する研究の概説6-2 #項目:end#
#担当者:start# 真崎 #担当者:end#
#授業内容:start# 機能性分子に関する論文の講読と解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 13回 #回:end#
#項目:start# 機能性分子に関する研究の概説7-1 #項目:end#
#担当者:start# 真崎 #担当者:end#
#授業内容:start# 機能性分子に関する論文の講読と解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 14回 #回:end#
#項目:start# 機能性分子に関する研究の概説7-2 #項目:end#
#担当者:start# 真崎 #担当者:end#
#授業内容:start# 機能性分子に関する論文の講読と解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回L:start# 15回 #回:end#
#項目L:start# 機能性分子に関する研究の概説8 #項目:end#
#担当者L:start# 真崎 #担当者:end#
#授業内容L:start# 講義で取り上げた機能性分子を総括し、それらの材料としての問題点を議論する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3:end#
#表4:start#2#表4:start2#
#到達目標:start# 分子の立体構造、電子構造から、その分子および分子集合体の性質がある程度予測できるようにする。さらには、何らかの機能を有する物質を開発する際に、それに添った分子設計(分子間相互作用も考慮した)がある程度できるようにする。 #到達目標:end#
#評価基準:start#課題レポートで評価する。なお、授業への積極的な参加は加点対象とする。#評価基準:end#
#準備学習:start#日頃から、研究の合間に最新論文に目を通す習慣を身につけてほしい。#準備学習:end#
#表4:end#
#表5:start#3#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#資料を配付する#書名:end#
#著者名:start##著者名:end#
#出版社名:start##出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start#参考書#分類:end#
#書名L:start#大学院講義 有機化学Ⅰ#書名:end#
#著者名L:start#野依 良次 他著#著者名:end#
#出版社名L:start#東京化学同人#出版社名:end#
#定価L:start#6,720円#定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start#分子構築学#科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#2単位#単位:end#
#単位認定者:start# 弓削秀隆  #単位認定者:end#
#授業期間:start# 後期 15コマ #授業期間:end#
#科目分担者:start##科目分担者:end#
#授業形態:start# 講義 週1コマ #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# 元素の特性と周期性、単純化合物の構造・反応・性質についての基礎知識を身につけ、さらに複雑な物質開拓の方針、具体的合成手法、分離・同定方法、構造・機能相関を理解する。これらの知見を基に触媒化学、酵素化学等の応用分野に適した化合物設計と合成ができること。 #教育目標:end#
#教育内容:start# 元素の特性と周期性、単純化合物についての基礎知識を教授する。これを基にした機能性物質の考え方、具体的合成手法、分離・同定方法、構造解析について解説を行い、その具体例としての均一触媒、酵素モデル化合物の役割と応用を示す。 #教育内容:end#
#教育方法:start# 指定した教科書(The Organometallic Chemistry of the Transition Metals)をもとに内容を概説、文献資料による研究例を紹介し、より具体的な研究手法を身につけ、理解を深める。翌週、学生自身に自分で解いた演習問題を解説させる。 #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#16#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 1回 #回:end#
#項目:start# 有機金属化合物の一般的性質 #項目:end#
#担当者:start# 弓削 #担当者:end#
#授業内容:start# 有機金属化合物の性質を概観する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 2回 #回:end#
#項目:start# アルキル、アリル金属化合物、金属水素化物とσ結合性化合物 #項目:end#
#担当者:start# 弓削 #担当者:end#
#授業内容:start# アルキル、アリルおよびヒドリド配位子と金属の結合を理解する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 3回 #回:end#
#項目:start# カルボニル、ホスフィン錯体と配位子置換反応 #項目:end#
#担当者:start# 弓削 #担当者:end#
#授業内容:start# カルボニル、ホスフィン配位子の置換反応を理解する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 4回 #回:end#
#項目:start# π結合性配位子 #項目:end#
#担当者:start# 弓削 #担当者:end#
#授業内容:start# アルケン、アルキン、アリールなどの配位子を理解する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 5回 #回:end#
#項目:start# 酸化的付加と還元的脱離 #項目:end#
#担当者:start# 弓削 #担当者:end#
#授業内容:start# 有機金属に広くみられる反応である酸化的付加と還元的脱離反応を理解する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 6回 #回:end#
#項目:start# 挿入反応と脱離反応 #項目:end#
#担当者:start# 弓削 #担当者:end#
#授業内容:start# カルボニル、アルケンの関与する挿入反応と脱離反応を理解する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 7回 #回:end#
#項目:start# 求核および求電子付加と引き抜き #項目:end#
#担当者:start# 弓削 #担当者:end#
#授業内容:start# カルボニル、ポリエンへの求核付加、求電子的引き抜き反応を理解する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 8回 #回:end#
#項目:start# 均一触媒 #項目:end#
#担当者:start# 弓削 #担当者:end#
#授業内容:start# 均一触媒反応を概観し、その機構、設計思想を理解する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 9回 #回:end#
#項目:start# 有機金属化学における測定法 #項目:end#
#担当者:start# 弓削 #担当者:end#
#授業内容:start# NMR、IR、X線回折法などの有機金属化合物の研究手段を理解する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 10回 #回:end#
#項目:start# 金属―配位子間多重結合 #項目:end#
#担当者:start# 弓削 #担当者:end#
#授業内容:start# カルベン、カルビンの電子状態、合成、反応の特徴を概観する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 11回 #回:end#
#項目:start# 有機金属化学の応用 #項目:end#
#担当者:start# 弓削 #担当者:end#
#授業内容:start# アルケンメタセシス、アルケン重合、C―H結合活性化など応用例を概説する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 12回 #回:end#
#項目:start# 金属クラスター、ナノ粒子、表面 #項目:end#
#担当者:start# 弓削 #担当者:end#
#授業内容:start# クラスター化学についてアイソローバル近似に基づいて構造や反応を理解する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 13回 #回:end#
#項目:start# 有機合成への応用 #項目:end#
#担当者:start# 弓削 #担当者:end#
#授業内容:start# C―C結合、C―ヘテロ原子結合形成反応など有機合成への応用例を概説する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 14回 #回:end#
#項目:start# 常磁性、高酸化状態、多配位数の化合物 #項目:end#
#担当者:start# 弓削 #担当者:end#
#授業内容:start# 高酸化状態や多配位数の有機金属化合物における特異な磁性とスピン状態を概観する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回L:start# 15回 #回:end#
#項目L:start# 生物有機金属化学 #項目:end#
#担当者L:start# 弓削 #担当者:end#
#授業内容L:start# 補酵素B12、窒素固定など生体内における有機金属化学の具体例を概説する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3:end#
#表4:start#2#表4:start2#
#到達目標:start# 元素の特性と周期性、単純化合物の構造・反応・性質についての基礎知識を身につけ、機能性物質開拓の方針、具体的合成手法、分離・同定方法を理解する。応用例としての均一触媒、酵素モデル化合物の構造・機能相関について考察できること。 #到達目標:end#
#評価基準:start#演習、レポートで総合的に評価する。欠席は減点する。#評価基準:end#
#準備学習:start#指定した教科書(The Organometallic Chemistry of the Transition Metals)で予習し、疑問点を明確にしておくこと。 章末演習問題を解くこと。#準備学習:end#
#表4:end#
#表5:start#3#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#The Organometallic Chemistry of the Transition Metals; 6th Edition#書名:end#
#著者名:start#Robert H. Crabtree#著者名:end#
#出版社名:start#Wiley#出版社名:end#
#定価:start#約12,000円#定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start#参考書#分類:end#
#書名L:start#Organotransition Metal Chemistry: From Bonding to Catalysis#書名:end#
#著者名L:start#John F. Hartwig#著者名:end#
#出版社名L:start#University Science Books#出版社名:end#
#定価L:start#約12,000円#定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start#細胞機能制御学#科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#2単位#単位:end#
#単位認定者:start# 太田安隆  #単位認定者:end#
#授業期間:start# 後期 15コマ #授業期間:end#
#科目分担者:start##科目分担者:end#
#授業形態:start# 講義 週1コマ #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# 細胞機能の制御機構について理解を深め、生命現象における細胞機能の重要性を学ぶ。 #教育目標:end#
#教育内容:start# 細胞機能の制御機構に関する重要な論文を輪読して学び,細胞生物学的方法論について理解を深め,今後の課題についても考察する。 #教育内容:end#
#教育方法:start# ゼミナール形式で行い,英語論文を輪読することで、専門分野の理解を深める。パワーポイントを用いた学生による発表を行う。 #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#16#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 1回 #回:end#
#項目:start# 細胞運動(1) #項目:end#
#担当者:start# 太田 #担当者:end#
#授業内容:start# 細胞運動の制御機構に関する最近の論文を輪読し、その内容について概説する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 2回 #回:end#
#項目:start# 細胞運動(2) #項目:end#
#担当者:start# 太田 #担当者:end#
#授業内容:start# 細胞運動と細胞骨格に関する最近の論文を輪読し、その内容について概説する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 3回 #回:end#
#項目:start# 細胞運動(3) #項目:end#
#担当者:start# 太田 #担当者:end#
#授業内容:start# 細胞運動とシグナル伝達に関する最近の論文を輪読し、その内容について概説する。 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 4回 #回:end#
#項目:start# 細胞骨格(1) #項目:end#
#担当者:start# 太田 #担当者:end#
#授業内容:start# アクチン系細胞骨格 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 5回 #回:end#
#項目:start# 細胞骨格(2) #項目:end#
#担当者:start# 太田 #担当者:end#
#授業内容:start# 微小管 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 6回 #回:end#
#項目:start# 細胞骨格(3) #項目:end#
#担当者:start# 太田 #担当者:end#
#授業内容:start# 中間径繊維 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 7回 #回:end#
#項目:start# 細胞極性(1) #項目:end#
#担当者:start# 太田 #担当者:end#
#授業内容:start# 細胞極性と細胞運動 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 8回 #回:end#
#項目:start# 細胞極性(2) #項目:end#
#担当者:start# 太田 #担当者:end#
#授業内容:start# 細胞極性の制御機構 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 9回 #回:end#
#項目:start# 細胞極性(3) #項目:end#
#担当者:start# 太田 #担当者:end#
#授業内容:start# 細胞極性とシグナル伝達 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 10回 #回:end#
#項目:start# 膜輸送(1) #項目:end#
#担当者:start# 太田 #担当者:end#
#授業内容:start# 膜輸送と細胞運動 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 11回 #回:end#
#項目:start# 膜輸送(2) #項目:end#
#担当者:start# 太田 #担当者:end#
#授業内容:start# 膜輸送の制御機構 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 12回 #回:end#
#項目:start# 膜輸送(3) #項目:end#
#担当者:start# 太田 #担当者:end#
#授業内容:start# 膜輸送と細胞極性 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 13回 #回:end#
#項目:start# シグナル伝達(1) #項目:end#
#担当者:start# 太田 #担当者:end#
#授業内容:start# シグナル伝達と細胞運動 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 14回 #回:end#
#項目:start# シグナル伝達(2) #項目:end#
#担当者:start# 太田 #担当者:end#
#授業内容:start# small GTPaseを介したシグナル伝達 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回L:start# 15回 #回:end#
#項目L:start# まとめ #項目:end#
#担当者L:start# 太田 #担当者:end#
#授業内容L:start# 全体の確認と復習 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3:end#
#表4:start#2#表4:start2#
#到達目標:start# 細胞機能制御に関する最新の知見を理解し,受講者の研究に応用できる能力を身につける。 #到達目標:end#
#評価基準:start#評価は、レポートで判定する。授業への積極的な参加は加点対象とする。#評価基準:end#
#準備学習:start#研究に必要となる文献を読み込む。#準備学習:end#
#表4:end#
#表5:start#1#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#(なし)#書名:end#
#著者名:start##著者名:end#
#出版社名:start##出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start#参考書#分類:end#
#書名L:start#(なし)#書名:end#
#著者名L:start##著者名:end#
#出版社名L:start##出版社名:end#
#定価L:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start#物性物理学#科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#2単位#単位:end#
#単位認定者:start# 守真太郎  #単位認定者:end#
#授業期間:start# 前期 15コマ #授業期間:end#
#科目分担者:start##科目分担者:end#
#授業形態:start# 講義 週1コマ #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# 機械学習、ビッグデータ解析とは何かについての知見を得る #教育目標:end#
#教育内容:start# 機械学習とRなどの環境での機械学習プログラムの使用法 #教育内容:end#
#教育方法:start# 参考書や講師の用意するテキストにもとづいてコンピュータを操作しながら機械学習の基本事項を解説 #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#16#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 1回 #回:end#
#項目:start# イントロダクション #項目:end#
#担当者:start# 守 #担当者:end#
#授業内容:start# 機械学習とは何か? #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 2回 #回:end#
#項目:start# 回帰分析 #項目:end#
#担当者:start# 守 #担当者:end#
#授業内容:start# 線形回帰分析 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 3回 #回:end#
#項目:start# ロジスティック回帰分析 #項目:end#
#担当者:start# 守 #担当者:end#
#授業内容:start# ロジスティック回帰分析 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 4回 #回:end#
#項目:start# パーセプトロン #項目:end#
#担当者:start# 守 #担当者:end#
#授業内容:start# 単純パーセプトロン #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 5回 #回:end#
#項目:start# パーセプトロンII #項目:end#
#担当者:start# 守 #担当者:end#
#授業内容:start# 二層パーセプトロン #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 6回 #回:end#
#項目:start# ニューラルネットワーク #項目:end#
#担当者:start# 守 #担当者:end#
#授業内容:start# 活性化関数(シグモイド関数、ランプ関数) #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 7回 #回:end#
#項目:start# ニューラルネットワークII #項目:end#
#担当者:start# 守 #担当者:end#
#授業内容:start# 3層ニューラルネットワーク #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 8回 #回:end#
#項目:start# ニューラルネットワークの学習 #項目:end#
#担当者:start# 守 #担当者:end#
#授業内容:start# 勾配法、バッチ学習 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 9回 #回:end#
#項目:start# ニューラルネットワークの学習II #項目:end#
#担当者:start# 守 #担当者:end#
#授業内容:start# 誤差逆伝搬法 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 10回 #回:end#
#項目:start# 畳み込みニューラルネットワーク #項目:end#
#担当者:start# 守 #担当者:end#
#授業内容:start# 畳み込み層 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 11回 #回:end#
#項目:start# ディープラーニング #項目:end#
#担当者:start# 守 #担当者:end#
#授業内容:start# 層を深くする意味 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 12回 #回:end#
#項目:start# データ解析演習 #項目:end#
#担当者:start# 守 #担当者:end#
#授業内容:start# 機械学習の応用 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 13回 #回:end#
#項目:start# データ解析演習II #項目:end#
#担当者:start# 守 #担当者:end#
#授業内容:start# 機械学習の応用 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 14回 #回:end#
#項目:start# データ解析演習III #項目:end#
#担当者:start# 守 #担当者:end#
#授業内容:start# 機械学習の応用 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回L:start# 15回 #回:end#
#項目L:start# まとめ #項目:end#
#担当者L:start# 守 #担当者:end#
#授業内容L:start# 全体の確認と復習 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3:end#
#表4:start#2#表4:start2#
#到達目標:start# 機械学習の基本的な仕組みを理解し、具体的なデータに対する適用法を習得する #到達目標:end#
#評価基準:start#主にレポートをもとに評価する。授業への積極的な参加は加点の対象とする。#評価基準:end#
#準備学習:start#テキストを読んでおくこと。#準備学習:end#
#表4:end#
#表5:start#3#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#(なし)#書名:end#
#著者名:start##著者名:end#
#出版社名:start##出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#参考書#分類:end#
#書名:start#ゼロから作るDeep Learning#書名:end#
#著者名:start#斎藤康毅#著者名:end#
#出版社名:start#オライリージャパン#出版社名:end#
#定価:start#3672#定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start##分類:end#
#書名L:start#機械学習入門#書名:end#
#著者名L:start#大関真之#著者名:end#
#出版社名L:start#オーム社#出版社名:end#
#定価L:start#2484#定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start#計算物理学#科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#2単位#単位:end#
#単位認定者:start# 猿渡茂  #単位認定者:end#
#授業期間:start# 前期 15コマ #授業期間:end#
#科目分担者:start# 神谷健秀  #科目分担者:end#
#授業形態:start# 講義 週1コマ #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# 計算物理学は理論物理学、実験物理学と並ぶ物理の諸問題を解決するための方法論の1つである。また、実験物理においても膨大な実験データの処理には計算機の使用は必須である。本講義では、こうした計算機の使用の際に必要となる数値解析やシミュレーションの方法を理解する。 #教育目標:end#
#教育内容:start# 生命現象の分子動力学的解明及び生体物質構造解明のための計算物理学について述べる。分子力学計算、各種相互作用の算出、分子動力学計算、モンテカルロシミュレーションなどの手法と、それらの生体高分子への応用を扱う。 #教育内容:end#
#教育方法:start# 主としてプリント等を用いた講義形式、一部ゼミナール形式で行う。 #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#16#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 1回 #回:end#
#項目:start# 計算物理学基礎 #項目:end#
#担当者:start# 神谷 #担当者:end#
#授業内容:start# 分子のモデル化、分子のポテンシャルエネルギー #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 2回 #回:end#
#項目:start# 量子力学的方法(1) #項目:end#
#担当者:start# 神谷 #担当者:end#
#授業内容:start# 分子軌道法の基礎、ハートリーフォック法、非経験的・半経験的方法 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 3回 #回:end#
#項目:start# 量子力学的方法(2) #項目:end#
#担当者:start# 神谷 #担当者:end#
#授業内容:start# 電子相関法、密度汎関数法 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 4回 #回:end#
#項目:start# 分子力学的方法(1) #項目:end#
#担当者:start# 神谷 #担当者:end#
#授業内容:start# 分子力学の原理、分子内・分子間の相互作用、蛋白質のエネルギー・パラメータ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 5回 #回:end#
#項目:start# 分子力学的方法(2) #項目:end#
#担当者:start# 神谷 #担当者:end#
#授業内容:start# 最近の分子力場法、分極可能パラメータ、量子力学・分子力学法 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 6回 #回:end#
#項目:start# 分子構造の最適化 #項目:end#
#担当者:start# 神谷 #担当者:end#
#授業内容:start# 分子の安定構造・遷移構造、最急降下法、ニュートン法、共役勾配法 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 7回 #回:end#
#項目:start# 基準振動解析法 #項目:end#
#担当者:start# 神谷 #担当者:end#
#授業内容:start# 分子の基準振動解析 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 8回 #回:end#
#項目:start# 分子動力学計算 #項目:end#
#担当者:start# 猿渡 #担当者:end#
#授業内容:start# ベルレ法、リープフロッグ法 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 9回 #回:end#
#項目:start# 拘束系の分子動力学 #項目:end#
#担当者:start# 猿渡 #担当者:end#
#授業内容:start# rattle法 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 10回 #回:end#
#項目:start# 拡張系の分子動力学(1) #項目:end#
#担当者:start# 猿渡 #担当者:end#
#授業内容:start# 圧力一定、温度一定の分子動力学 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 11回 #回:end#
#項目:start# 拡張系の分子動力学(2) #項目:end#
#担当者:start# 猿渡 #担当者:end#
#授業内容:start# 能勢-フーバー法、カノニカル分布 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 12回 #回:end#
#項目:start# Simulated Annealing #項目:end#
#担当者:start# 猿渡 #担当者:end#
#授業内容:start# X線結晶構造の精密化 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 13回 #回:end#
#項目:start# モンテカルロ法(1) #項目:end#
#担当者:start# 猿渡 #担当者:end#
#授業内容:start# 乱数、マルコフ過程 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 14回 #回:end#
#項目:start# モンテカルロ法(2) #項目:end#
#担当者:start# 猿渡 #担当者:end#
#授業内容:start# メトロポリス法 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回L:start# 15回 #回:end#
#項目L:start# まとめ #項目:end#
#担当者L:start# 猿渡 #担当者:end#
#授業内容L:start# 全体の復習と最新の研究成果の紹介 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3:end#
#表4:start#2#表4:start2#
#到達目標:start# いろいろな計算手法の基本原理を理解すること。 #到達目標:end#
#評価基準:start#レポートにより評価する。なお欠席は減点する。#評価基準:end#
#準備学習:start#計算手法の基礎となっている力学や量子力学の基本法則を理解していることが前提である。#準備学習:end#
#表4:end#
#表5:start#5#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#(なし)#書名:end#
#著者名:start##著者名:end#
#出版社名:start##出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#参考書#分類:end#
#書名:start#計算化学(第5版 実験化学講座12)#書名:end#
#著者名:start#日本化学会編#著者名:end#
#出版社名:start#丸善#出版社名:end#
#定価:start#7,900円+税#定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start##分類:end#
#書名:start#コンピュータ・シミュレーションの基礎 第2版#書名:end#
#著者名:start#岡崎・吉井#著者名:end#
#出版社名:start#化学同人#出版社名:end#
#定価:start#4,800円+税#定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start##分類:end#
#書名:start#分子シミュレーション#書名:end#
#著者名:start#上田 顕#著者名:end#
#出版社名:start#裳華房#出版社名:end#
#定価:start#5,400円+税#定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start##分類:end#
#書名L:start#分子システムの計算科学 (計算科学講座 6)#書名:end#
#著者名L:start#笹井理生編#著者名:end#
#出版社名L:start#共立出版#出版社名:end#
#定価L:start#4,400円+税#定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start#構造有機化学#科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#2単位#単位:end#
#単位認定者:start# 土屋敬広  #単位認定者:end#
#授業期間:start# 前期 15コマ #授業期間:end#
#科目分担者:start##科目分担者:end#
#授業形態:start# 講義 週1コマ #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# 有機分子が示す様々な性質は、その立体構造と電子構造(電子状態)に依存したものであることが理解できるようにする。 #教育目標:end#
#教育内容:start# 有機分子の構造、性質に関する豊富な情報をもとに、構造と性質の相関について解説し分子構造を規定する要因や芳香族性、歪み等の諸性質を理解するために、これまでどのような実験的・理論的アプローチがなされてきたかについて解説する。 #教育内容:end#
#教育方法:start# 関連する文献を資料として配付し、それを読み解く形で講義を展開する。 #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#16#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 1回 #回:end#
#項目:start# 電子構造論1 #項目:end#
#担当者:start# 土屋 #担当者:end#
#授業内容:start# 量子論からみた電子の振る舞い、原子の電子構造 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 2回 #回:end#
#項目:start# 電子構造論2 #項目:end#
#担当者:start# 土屋 #担当者:end#
#授業内容:start# 化学結合と分子軌道、軌道間相互作用 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 3回 #回:end#
#項目:start# 電子構造論3 #項目:end#
#担当者:start# 土屋 #担当者:end#
#授業内容:start# 種々の化学結合、分子の電子的諸性質 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 4回 #回:end#
#項目:start# 電子構造論4 #項目:end#
#担当者:start# 土屋 #担当者:end#
#授業内容:start# 共役化合物、分子間および分子内相互作用と軌道間相互作用 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 5回 #回:end#
#項目:start# 共役電子系1 #項目:end#
#担当者:start# 土屋 #担当者:end#
#授業内容:start# 芳香族性 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 6回 #回:end#
#項目:start# 共役電子系2 #項目:end#
#担当者:start# 土屋 #担当者:end#
#授業内容:start# 様々な共役電子系 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 7回 #回:end#
#項目:start# 共役電子系3 #項目:end#
#担当者:start# 土屋 #担当者:end#
#授業内容:start# カルボカチオン #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 8回 #回:end#
#項目:start# 共役電子系4 #項目:end#
#担当者:start# 土屋 #担当者:end#
#授業内容:start# カルボアニオン #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 9回 #回:end#
#項目:start# 分子構造1 #項目:end#
#担当者:start# 土屋 #担当者:end#
#授業内容:start# 立体異性とキラリティー #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 10回 #回:end#
#項目:start# 分子構造2 #項目:end#
#担当者:start# 土屋 #担当者:end#
#授業内容:start# 歪みと分子のかたち #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 11回 #回:end#
#項目:start# 分子構造3 #項目:end#
#担当者:start# 土屋 #担当者:end#
#授業内容:start# 立体配座解析 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 12回 #回:end#
#項目:start# 分子構造4 #項目:end#
#担当者:start# 土屋 #担当者:end#
#授業内容:start# 分子力学 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 13回 #回:end#
#項目:start# 分子集合体1 #項目:end#
#担当者:start# 土屋 #担当者:end#
#授業内容:start# 分子認識と分子組織体 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 14回 #回:end#
#項目:start# 分子集合体2 #項目:end#
#担当者:start# 土屋 #担当者:end#
#授業内容:start# 分子性結晶 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回L:start# 15回 #回:end#
#項目L:start# まとめ #項目:end#
#担当者L:start# 土屋 #担当者:end#
#授業内容L:start#   #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3:end#
#表4:start#2#表4:start2#
#到達目標:start# 軌道間相互作用の考えに基づいた有機分子の組み立てと、生成した分子の電子構造が大まかに把握できるようにする。分子の種々の性質を、電子構造を理解することによりある程度予測できるようにする。 #到達目標:end#
#評価基準:start#課題レポート等で評価する。なお、欠席は減点する。#評価基準:end#
#準備学習:start#授業演習に際し、各自予め予習すること。#準備学習:end#
#表4:end#
#表5:start#2#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#資料を配付する#書名:end#
#著者名:start##著者名:end#
#出版社名:start##出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start#参考書#分類:end#
#書名L:start#(なし)#書名:end#
#著者名L:start##著者名:end#
#出版社名L:start##出版社名:end#
#定価L:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start#知的財産論I#科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#2単位#単位:end#
#単位認定者:start# 廣田浩一  #単位認定者:end#
#授業期間:start# #授業期間:end#
#科目分担者:start##科目分担者:end#
#授業形態:start# 週1コマ #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# 社会人業務の必須知識「知的財産」の基礎知識を習得させる。国家資格「知的財産管理技能士(3級)」の取得を目指し、就職乃至就業後に役立たせる。 #教育目標:end#
#教育内容:start# 知的財産とは何かを身近な例を示して説明し、その保護の制度を学び、法律としての特許法・実用新案法、意匠法、商標法、著作権法、不正競争防止法、独禁法、種苗法、民法、国際条約を説明する。 #教育内容:end#
#教育方法:start# 原則、プリント等を用いて、板書しながら、実際の業務も紹介しながら説明を進め、必要に応じて参考書を用いて補足説明をする。 #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#16#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 1回 #回:end#
#項目:start# 序論・法律の世界・知財と国家 #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 知的財産と保護法、国家戦略と知財 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 2回 #回:end#
#項目:start# 特許法① #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 法目的、法体系、保護対象など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 3回 #回:end#
#項目:start# 特許法② #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 特許要件(新規性、進歩性など) #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 4回 #回:end#
#項目:start# 特許法③ #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 特許出願(出願書類) #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 5回 #回:end#
#項目:start# 特許法④ #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 審査手続(拒絶理由通知とその対応) #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 6回 #回:end#
#項目:start# 特許法⑤ #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 特許権の効力 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 7回 #回:end#
#項目:start# 特許法⑥ #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 特許権の侵害の攻防 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 8回 #回:end#
#項目:start# 意匠法 #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 法目的、保護対象、登録要件、権利 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 9回 #回:end#
#項目:start# 商標法① #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 法目的、保護対象、登録要件など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 10回 #回:end#
#項目:start# 商標法② #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 出願手続、商標権の効力、審判など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 11回 #回:end#
#項目:start# 著作権法① #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 法目的、著作物、著作者、権利発生 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 12回 #回:end#
#項目:start# 著作権法② #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 著作者人格権、著作権と侵害など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 13回 #回:end#
#項目:start# 著作権法③ #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 著作権の効力の制限、著作隣接権 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 14回 #回:end#
#項目:start# 廣田 #項目:end#
#担当者:start# 不正競争防止法・独禁法・種苗法 #担当者:end#
#授業内容:start# 不正競争、営業秘密、育成者権など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回L:start# 15回 #回:end#
#項目L:start# 国際条約・民法の基礎 #項目:end#
#担当者L:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容L:start# パリ条約、PCTなど、民法の原則など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3:end#
#表4:start#3#表4:start2#
#到達目標:start# 特許・意匠・商標の登録要件と出願・審査手続につき、著作物・著作者・著作者人格権・著作権につき、特許権等の知的財産権の効力と侵害につき、説明できる。 #到達目標:end#
#評価基準:start#レポートの提出状況・内容を総合的に判断し、欠席は減点とする。#評価基準:end#
#準備学習:start#教科書や参考書を予習し、知的財産に関する時事報道を意識しておくこと。#準備学習:end#
#その他:start# 理系人材が知財実務を行うのが最適であること、知財実務は企業の最重要業務であることを実感してもらいたい。就職先に知財業界も視野に入れてもらいたい。オリジナルテキストを配布。 ※なお、履修登録者が5名未満の場合は開講しない。 #その他:end#
#表4:end#
#表5:start#2#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#(なし)#書名:end#
#著者名:start##著者名:end#
#出版社名:start##出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start#参考書#分類:end#
#書名L:start#新しい理系キャリアの教科書(贈呈予定)#書名:end#
#著者名L:start#廣田 浩一#著者名:end#
#出版社名L:start#幻冬舎MC#出版社名:end#
#定価L:start#1,260円#定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start#生物物理学II#科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#2単位#単位:end#
#単位認定者:start# 小寺義男  #単位認定者:end#
#授業期間:start# 後期 15コマ #授業期間:end#
#科目分担者:start# 大石正道  #科目分担者:end#
#授業形態:start# 講義 週1コマ #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# プロテオーム(proteome)とは細胞、組織、臓器、体液等に存在するタンパク質の全セットを意味する。1994年にオーストラリアの Marc R. Wilkins が国際会議で使用し、1995年に初めて論文中に現れたタンパク質(protein)とゲノム*(genome)を組み合わせて作られた造語である。細胞、組織、臓器、体液の働きが正常に保たれるためには、その中に存在する数1,000種類のタンパク質それぞれが必要量存在し、正常に機能していることが重要である。このため、全てのタンパク質の存在量や機能や機能的つながりを網羅的に解析するプロテオーム研究によって、外界からの刺激や疾病に伴う変動を分析することにより、生命現象や疾患の理解のために必要不可欠な情報を得ることができる。本講義ではプロテオミクスならびに構造生物学によるタンパク質の機能解析法について理解するとともに、その研究技術、方法を習得し、生命科学の研究に役立てるための知識を養うことを目標とする。 #教育目標:end#
#教育内容:start# ご存知のとおり2002年のノーベル化学賞は質量分析計およびNMRをタンパク質研究ツールに発展させた研究に与えられた。このことは、現在の生命科学研究におけるタンパク質研究の重要性を表している。質量分析計はタンパク質の網羅的な解析(プロテオーム解析)の根幹となる方法である。また、プロテオーム解析の結果を医薬開発、生理機能解明に結びつけるためには、NMRおよびX線結晶解析から得られる立体構造情報は必要不可欠である。本講義では、質量分析計とNMRを用いたタンパク質研究の現状について、実際の研究例をもとに概説する。 #教育内容:end#
#教育方法:start# 配布書類を準備してパワーポイントを使って講義をおこないます。 #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#16#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 1回 #回:end#
#項目:start# ポストゲノム時代の生命科学 #項目:end#
#担当者:start# 大石 #担当者:end#
#授業内容:start# ゲノムとプロテオームの基礎知識 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 2回 #回:end#
#項目:start# 疾患プロテオーム解析の概説 #項目:end#
#担当者:start# 大石 #担当者:end#
#授業内容:start# 二次元電気泳動法と質量分析法による医学研究 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 3回 #回:end#
#項目:start# 二次元電気泳動を基盤にした疾患プロテオーム解析 #項目:end#
#担当者:start# 大石 #担当者:end#
#授業内容:start# プロテオミクスによる遺伝病の原因解明,がんの早期診断用マーカー蛋白質の探索 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 4回 #回:end#
#項目:start# 二次元電気泳動を基盤にした疾患プロテオーム解析 #項目:end#
#担当者:start# 大石 #担当者:end#
#授業内容:start# プロテオミクスによる糖尿病の発症メカニズム解明 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 5回 #回:end#
#項目:start# 日本と世界のプロテオミクス #項目:end#
#担当者:start# 大石 #担当者:end#
#授業内容:start# 日本と世界のプロテオミクス #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 6回 #回:end#
#項目:start# 質量分析計を基盤にしたプロテオーム解析 #項目:end#
#担当者:start# 小寺 #担当者:end#
#授業内容:start# 質量分析計を基盤にした疾患プロテオーム解析の概要と簡単な研究例 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 7回 #回:end#
#項目:start# 質量分析計によるタンパク質・ペプチドの分析 #項目:end#
#担当者:start# 小寺 #担当者:end#
#授業内容:start# 様々な質量分析計の原理 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 8回 #回:end#
#項目:start# 質量分析計によるタンパク質・ペプチドの分析 #項目:end#
#担当者:start# 小寺 #担当者:end#
#授業内容:start# 質量分析計によるタンパク質・ペプチドの分析 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 9回 #回:end#
#項目:start# 質量分析計によるタンパク質・ペプチドの分析 #項目:end#
#担当者:start# 小寺 #担当者:end#
#授業内容:start# 質量分析計によるタンパク質・ペプチドの同定,データベース検索 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 10回 #回:end#
#項目:start# 質量分析計によるタンパク質・ペプチドの分析 #項目:end#
#担当者:start# 小寺 #担当者:end#
#授業内容:start# 質量分析計によるタンパク質・ペプチドの比較分析 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 11回 #回:end#
#項目:start# 質量分析計を基盤にしたプロテオーム研究 #項目:end#
#担当者:start# 小寺 #担当者:end#
#授業内容:start# 質量分析計を基盤にしたプロテオーム研究 その1 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 12回 #回:end#
#項目:start# 質量分析計を基盤にしたプロテオーム研究 #項目:end#
#担当者:start# 小寺 #担当者:end#
#授業内容:start# 質量分析計を基盤にしたプロテオーム研究 その2 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 13回 #回:end#
#項目:start# タンパク質の立体構造解析、構造機能相関の研究 #項目:end#
#担当者:start# 小寺 #担当者:end#
#授業内容:start# NMRによるタンパク質の立体構造解析1 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 14回 #回:end#
#項目:start# タンパク質の立体構造解析、構造機能相関の研究 #項目:end#
#担当者:start# 小寺 #担当者:end#
#授業内容:start# NMRによるタンパク質の立体構造解析2 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回L:start# 15回 #回:end#
#項目L:start# タンパク質の立体構造解析、構造機能相関の研究 #項目:end#
#担当者L:start# 小寺 #担当者:end#
#授業内容L:start# 構造機能相関解明研究の実際 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3:end#
#表4:start#2#表4:start2#
#到達目標:start# プロテオーム解析、構造生物学の実際と現在の生命科学研究における位置づけについて理解する。 #到達目標:end#
#評価基準:start#レポートにより評価する。#評価基準:end#
#準備学習:start#授業の終わりに次回授業の概要を伝えるので、その関連文献を調べておくこと。#準備学習:end#
#表4:end#
#表5:start#4#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#(なし)#書名:end#
#著者名:start##著者名:end#
#出版社名:start##出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#参考書#分類:end#
#書名:start#プロテオミクス(ゲノム配列からタンパク質の機能解析へ)#書名:end#
#著者名:start#S. R. Pennington、M. J. Dunn 監修:磯部 俊明 訳:梶 裕之、宮島 郁子#著者名:end#
#出版社名:start#メディカルサイエンスインターナショナル#出版社名:end#
#定価:start#4,095円#定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start##分類:end#
#書名:start#これならわかるマススペクトロメトリー#書名:end#
#著者名:start#志田 保夫、笠間 健嗣、黒野 定、高山 光男、高橋 利枝#著者名:end#
#出版社名:start#東京化学同人#出版社名:end#
#定価:start#2,625円#定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start##分類:end#
#書名L:start#タンパク質のNMR構造のデータの解釈と評価#書名:end#
#著者名L:start#荒田 洋治#著者名:end#
#出版社名L:start#共立出版#出版社名:end#
#定価L:start#7,875円#定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start#エピジェネティクス#科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#2単位#単位:end#
#単位認定者:start# 木村透  #単位認定者:end#
#授業期間:start# 後期 15コマ #授業期間:end#
#科目分担者:start# 関田洋一  渡邉大介  #科目分担者:end#
#授業形態:start# 講義 週1コマ #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# エピジェネティクス制御についての理解を深め、生命現象の解明に応用できる能力を養う。 #教育目標:end#
#教育内容:start# エピジェネティクス制御の研究は、様々な生命現象や疾患に展開している。最新の研究に触れながら、研究テーマの設定や研究の進め方を学び、自らの研究にどう活用できるかを考察する。 #教育内容:end#
#教育方法:start# エピジェネティクスに関する最新の学術論文を精読し、研究の背景、実験系のデザインと結果、考察と展開についてプレゼンテーションを行う。その内容について批判的に討論する。 #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#16#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 1回 #回:end#
#項目:start# 幹細胞とエピジェネティクス(1) #項目:end#
#担当者:start# 木村 #担当者:end#
#授業内容:start# 幹細胞システムに関する最新の知見 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 2回 #回:end#
#項目:start# 幹細胞とエピジェネティクス(2) #項目:end#
#担当者:start# 木村 #担当者:end#
#授業内容:start# 幹細胞システムに関する最新の知見 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 3回 #回:end#
#項目:start# 幹細胞とエピジェネティクス(3) #項目:end#
#担当者:start# 木村 #担当者:end#
#授業内容:start# 幹細胞システムに関する最新の知見 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 4回 #回:end#
#項目:start# 初期化とエピジェネティクス(1) #項目:end#
#担当者:start# 関田 #担当者:end#
#授業内容:start# リプログラミングに関する最新の知見 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 5回 #回:end#
#項目:start# 初期化とエピジェネティクス(2) #項目:end#
#担当者:start# 関田 #担当者:end#
#授業内容:start# リプログラミングに関する最新の知見 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 6回 #回:end#
#項目:start# 初期化とエピジェネティクス(3) #項目:end#
#担当者:start# 関田 #担当者:end#
#授業内容:start# リプログラミングに関する最新の知見 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 7回 #回:end#
#項目:start# 生殖細胞とエピジェネティクス(1) #項目:end#
#担当者:start# 渡邊 #担当者:end#
#授業内容:start# 生殖細胞の発生に関する最新の知見 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 8回 #回:end#
#項目:start# 生殖細胞とエピジェネティクス(2) #項目:end#
#担当者:start# 渡邊 #担当者:end#
#授業内容:start# 生殖細胞の発生に関する最新の知見 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 9回 #回:end#
#項目:start# 生殖細胞とエピジェネティクス(3) #項目:end#
#担当者:start# 渡邊 #担当者:end#
#授業内容:start# 生殖細胞の発生に関する最新の知見 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 10回 #回:end#
#項目:start# 種の分化とエピジェネティクス(1) #項目:end#
#担当者:start# 木村 #担当者:end#
#授業内容:start# 種の分化に関する最新の知見 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 11回 #回:end#
#項目:start# 種の分化とエピジェネティクス(2) #項目:end#
#担当者:start# 木村 #担当者:end#
#授業内容:start# 種の分化に関する最新の知見 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 12回 #回:end#
#項目:start# 種の分化とエピジェネティクス(3) #項目:end#
#担当者:start# 木村 #担当者:end#
#授業内容:start# 種の分化に関する最新の知見 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 13回 #回:end#
#項目:start# 疾患とエピジェネティクス(1) #項目:end#
#担当者:start# 関田 #担当者:end#
#授業内容:start# 疾患のエピジェネティックス制御に関する最新の知見 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 14回 #回:end#
#項目:start# 疾患とエピジェネティクス(2) #項目:end#
#担当者:start# 関田 #担当者:end#
#授業内容:start# 疾患のエピジェネティックス制御に関する最新の知見 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回L:start# 15回 #回:end#
#項目L:start# 疾患とエピジェネティクス(3) #項目:end#
#担当者L:start# 関田 #担当者:end#
#授業内容L:start# 疾患のエピジェネティックス制御に関する最新の知見 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3:end#
#表4:start#2#表4:start2#
#到達目標:start# エピジェネティクス制御の概念や研究手法を学び、自らの研究に応用する能力を養う。 #到達目標:end#
#評価基準:start#レポートなどから総合的に評価する。授業への積極的な参加は加点対象とする。欠席は減点する。#評価基準:end#
#準備学習:start#関連文献を指示するので、事前に読んでおくこと。#準備学習:end#
#表4:end#
#表5:start#1#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#(なし)#書名:end#
#著者名:start##著者名:end#
#出版社名:start##出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start#参考書#分類:end#
#書名L:start#(なし)#書名:end#
#著者名L:start##著者名:end#
#出版社名L:start##出版社名:end#
#定価L:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start#生体防御学#科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#2単位#単位:end#
#単位認定者:start# 錦見昭彦  #単位認定者:end#
#授業期間:start# 前期 15コマ #授業期間:end#
#科目分担者:start# 滝本博明  #科目分担者:end#
#授業形態:start# 講義 週1コマ #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# 免疫応答を深く理解し、免疫系の表現型としての感染防御機構について学ぶ。 #教育目標:end#
#教育内容:start# 生体防御機構は、外来の異物であれ、自己由来の不用成分であれ、非自己抗原決定基の有無にかかわらず適切に処理する恒常性維持機構である。非自己抗原の識別に基盤を置く免疫は、この生体防御機構の最も進化したものとして位置づけられる。典型的な免疫応答をT細胞を主軸として解説し、さらに感染に対する防御機構を例として生体防御機構が実際に働く姿を解説する。 #教育内容:end#
#教育方法:start# 最新の論文を読み、その内容について討論する。 #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#16#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 1回 #回:end#
#項目:start# 序論 #項目:end#
#担当者:start# 錦見 #担当者:end#
#授業内容:start# 生体防御機構の基本理念 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 2回 #回:end#
#項目:start# 自然免疫1 #項目:end#
#担当者:start# 錦見 #担当者:end#
#授業内容:start# 食細胞 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 3回 #回:end#
#項目:start# 自然免疫2 #項目:end#
#担当者:start# 錦見 #担当者:end#
#授業内容:start# 樹状細胞 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 4回 #回:end#
#項目:start# 自然免疫3 #項目:end#
#担当者:start# 錦見 #担当者:end#
#授業内容:start# NK細胞 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 5回 #回:end#
#項目:start# 適応免疫1 #項目:end#
#担当者:start# 錦見 #担当者:end#
#授業内容:start# 抗原提示 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 6回 #回:end#
#項目:start# 適応免疫2 #項目:end#
#担当者:start# 錦見 #担当者:end#
#授業内容:start# T細胞の分化 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 7回 #回:end#
#項目:start# 適応免疫3 #項目:end#
#担当者:start# 錦見 #担当者:end#
#授業内容:start# T細胞の機能 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 8回 #回:end#
#項目:start# 病原微生物1 #項目:end#
#担当者:start# 滝本 #担当者:end#
#授業内容:start# 病原因子 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 9回 #回:end#
#項目:start# 病原微生物2 #項目:end#
#担当者:start# 滝本 #担当者:end#
#授業内容:start# 生体防御機構からの回避 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 10回 #回:end#
#項目:start# 生体防御機構1 #項目:end#
#担当者:start# 滝本 #担当者:end#
#授業内容:start# 自然免疫による感染防御機構 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 11回 #回:end#
#項目:start# 生体防御機構2 #項目:end#
#担当者:start# 滝本 #担当者:end#
#授業内容:start# 適応免疫による感染防御機構1 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 12回 #回:end#
#項目:start# 生体防御機構3 #項目:end#
#担当者:start# 滝本 #担当者:end#
#授業内容:start# 適応免疫による感染防御機構2 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 13回 #回:end#
#項目:start# 生体防御機構4 #項目:end#
#担当者:start# 滝本 #担当者:end#
#授業内容:start# ワクチン1 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 14回 #回:end#
#項目:start# 生体防御機構5 #項目:end#
#担当者:start# 滝本 #担当者:end#
#授業内容:start# ワクチン2 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回L:start# 15回 #回:end#
#項目L:start# まとめ #項目:end#
#担当者L:start# 錦見・滝本 #担当者:end#
#授業内容L:start# まとめ #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3:end#
#表4:start#2#表4:start2#
#到達目標:start# 感染防御機構について考察・討論できるようにする。 #到達目標:end#
#評価基準:start#発表75点、討論25点として評価する。なお欠席は減点する。#評価基準:end#
#準備学習:start#配付プリントを予め読み、各自で調べ臨むこと。#準備学習:end#
#表4:end#
#表5:start#1#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#(なし)#書名:end#
#著者名:start##著者名:end#
#出版社名:start##出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start#参考書#分類:end#
#書名L:start#(なし)#書名:end#
#著者名L:start##著者名:end#
#出版社名L:start##出版社名:end#
#定価L:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start#実験動物学#科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#2単位#単位:end#
#単位認定者:start# 佐藤俊哉  #単位認定者:end#
#授業期間:start# 前期 15コマ #授業期間:end#
#科目分担者:start# 大久保直  東貞宏  #科目分担者:end#
#授業形態:start# 講義 週1コマ #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# 医学生物学における動物実験の意義と適正化、実験動物の特性、発生工学の基礎と応用、遺伝子改変動物を用いた病態解析や疾患モデル動物の開発について理解する。 #教育目標:end#
#教育内容:start# ヒト疾患の病態解明や治療法の開発には動物実験は不可欠であり、日進月歩の遺伝子改変技術を応用した疾患モデル動物の開発は極めて有用である。本科目では、生殖工学・発生工学の実験手法について解説するとともに、遺伝子改変動物を用いた疾患モデル動物の開発や病態解析についての具体例を紹介する。また、動物実験は命ある様々な動物を実験対象とするため、科学的観点のみならず動物愛護や倫理の観点からも実験計画の立案・実施が求められることから、関連する法令やガイドライン、そして最近の動物実験の動向等について解説する。 #教育内容:end#
#教育方法:start# スライドやプリントを用いた講義、ならびに質疑応答を行う。 #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#16#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 1回 #回:end#
#項目:start# 医学生物学研究における動物実験および関連法規 #項目:end#
#担当者:start# 大久保 直 #担当者:end#
#授業内容:start# 医学生物学研究における動物実験の意義、関連法規、3R、実験計画の立案についての解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 2回 #回:end#
#項目:start# 遺伝子改変動物の作成と利用 (発生、先天性疾患) #項目:end#
#担当者:start# 大久保 直 #担当者:end#
#授業内容:start# 遺伝子改変動物を用いた遺伝子・タンパク質の機能解析、病態モデル研究について #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 3回 #回:end#
#項目:start# 遺伝子改変動物の作成と利用 (発生、先天性疾患) #項目:end#
#担当者:start# 大久保 直 #担当者:end#
#授業内容:start# 遺伝子改変動物を用いた遺伝子・タンパク質の機能解析、病態モデル研究について #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 4回 #回:end#
#項目:start# 遺伝子改変動物の作成と利用 (発生、先天性疾患) #項目:end#
#担当者:start# 大久保 直 #担当者:end#
#授業内容:start# 遺伝子改変動物を用いた遺伝子・タンパク質の機能解析、病態モデル研究について #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 5回 #回:end#
#項目:start# まとめ #項目:end#
#担当者:start# 大久保 直 #担当者:end#
#授業内容:start# これまでの確認と復習 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 6回 #回:end#
#項目:start# 発生工学・生殖工学の基礎と応用 #項目:end#
#担当者:start# 東 貞宏 #担当者:end#
#授業内容:start# 発生工学・生殖工学の歴史、実験技術の基本事項について、ES細胞および受精卵の操作による遺伝子改変動物の作成について #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 7回 #回:end#
#項目:start# 発生工学・生殖工学の基礎と応用 #項目:end#
#担当者:start# 東 貞宏 #担当者:end#
#授業内容:start# 発生工学・生殖工学の歴史、実験技術の基本事項について、ES細胞および受精卵の操作による遺伝子改変動物の作成について #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 8回 #回:end#
#項目:start# 発生工学・生殖工学の基礎と応用 #項目:end#
#担当者:start# 東 貞宏 #担当者:end#
#授業内容:start# 発生工学・生殖工学の歴史、実験技術の基本事項について、ES細胞および受精卵の操作による遺伝子改変動物の作成について #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 9回 #回:end#
#項目:start# 発生工学・生殖工学の基礎と応用 #項目:end#
#担当者:start# 東 貞宏 #担当者:end#
#授業内容:start# 発生工学・生殖工学の歴史、実験技術の基本事項について、ES細胞および受精卵の操作による遺伝子改変動物の作成について #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 10回 #回:end#
#項目:start# まとめ #項目:end#
#担当者:start# 東 貞宏 #担当者:end#
#授業内容:start# これまでの確認と復習 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 11回 #回:end#
#項目:start# 遺伝子改変動物の作成と利用(疾患モデル動物の開発) #項目:end#
#担当者:start# 佐藤 俊哉 #担当者:end#
#授業内容:start# 遺伝子改変動物を用いた遺伝子・タンパク質の機能解析、疾患モデル動物の開発研究について #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 12回 #回:end#
#項目:start# 遺伝子改変動物の作成と利用(疾患モデル動物の開発) #項目:end#
#担当者:start# 佐藤 俊哉 #担当者:end#
#授業内容:start# 遺伝子改変動物を用いた遺伝子・タンパク質の機能解析、疾患モデル動物の開発研究について #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 13回 #回:end#
#項目:start# 遺伝子改変動物の作成と利用(疾患モデル動物の開発) #項目:end#
#担当者:start# 佐藤 俊哉 #担当者:end#
#授業内容:start# 遺伝子改変動物を用いた遺伝子・タンパク質の機能解析、疾患モデル動物の開発研究について #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 14回 #回:end#
#項目:start# 遺伝子改変動物の作成と利用(疾患モデル動物の開発) #項目:end#
#担当者:start# 佐藤 俊哉 #担当者:end#
#授業内容:start# 遺伝子改変動物を用いた遺伝子・タンパク質の機能解析、疾患モデル動物の開発研究について #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回L:start# 15回 #回:end#
#項目L:start# まとめ #項目:end#
#担当者L:start# 佐藤 俊哉 #担当者:end#
#授業内容L:start# 全体の確認と復習 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3:end#
#表4:start#2#表4:start2#
#到達目標:start# 適正な動物実験実施のための関連法規と倫理、発生・生殖工学の基礎と応用、遺伝子改変動物を用いた病態解析や疾患モデル動物の開発について理解し、自身の研究にフィードバックできる思考力を身につける。 #到達目標:end#
#評価基準:start#レポートにより評価する。#評価基準:end#
#準備学習:start#特になし。#準備学習:end#
#表4:end#
#表5:start#5#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#(なし)#書名:end#
#著者名:start##著者名:end#
#出版社名:start##出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#参考書#分類:end#
#書名:start#現代実験動物学#書名:end#
#著者名:start#笠井 憲雪, 吉川 泰弘, 安居院 高志 #著者名:end#
#出版社名:start#朝倉書店#出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start##分類:end#
#書名:start#Manipulating the mouse embryo: A laboratory manual, 3rd edition#書名:end#
#著者名:start#Nagy A, Gertenstein M, Vinersten K, Behringer R#著者名:end#
#出版社名:start#Cold Spring Harbor Laboratory Press#出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start##分類:end#
#書名:start#マウス胚の操作マニュアル 原書第3版(上記図書の邦訳)#書名:end#
#著者名:start#山内一也,岩倉洋一郎,鈴木宏志,豊田裕,佐藤英明#著者名:end#
#出版社名:start#近代出版#出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start##分類:end#
#書名L:start#ヒトの分子遺伝学(第4版)#書名:end#
#著者名L:start#村松正實・木南凌#著者名:end#
#出版社名L:start#メディカル・サイエンス・インターナショナル#出版社名:end#
#定価L:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start#知的財産論II#科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#2単位#単位:end#
#単位認定者:start# 廣田浩一  #単位認定者:end#
#授業期間:start# #授業期間:end#
#科目分担者:start##科目分担者:end#
#授業形態:start# 週1コマ #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# 社会人業務の必須知識「知的財産」の基礎知識を習得させる。国家資格「知的財産管理技能士(3級)」の取得を目指し、就職乃至就業後に役立たせる。 #教育目標:end#
#教育内容:start# 特許法、実用新案法、意匠法、商標法、著作権法、不正競争防止法、国際条約を詳細に説明する。知財検定(3級)の過去問を学習素材に使用する。 #教育内容:end#
#教育方法:start# 原則、知財検定の過去問を用いて、板書しながら、実際の業務も紹介しながら説明を進め、必要に応じて参考書を参考にして補足説明をする。 #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#16#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 1回 #回:end#
#項目:start# 知財実務紹介・業界トピックス #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 知財実務の醍醐味、弁理士の仕事など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 2回 #回:end#
#項目:start# 企業・組織と知的財産 #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 知的財産と企業戦略、国家戦略など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 3回 #回:end#
#項目:start# 特許法① #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 特29条の2、職務発明、補正など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 4回 #回:end#
#項目:start# 特許法② #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 特許権の均等論侵害、無効審判など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 5回 #回:end#
#項目:start# 特許法③・実用新案法 #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 訂正の請求、特許法との相違など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 6回 #回:end#
#項目:start# 意匠法・商標法ほか #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 部分意匠、関連意匠、取消審判など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 7回 #回:end#
#項目:start# 特許実務紹介 #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 特許実務や特許調査方法の紹介 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 8回 #回:end#
#項目:start# 特許法演習① #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 知財検定(3級)過去問などの解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 9回 #回:end#
#項目:start# 特許法演習② #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 知財検定(3級)過去問などの解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 10回 #回:end#
#項目:start# 特許法演習③ #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 知財検定(3級)過去問などの解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 11回 #回:end#
#項目:start# 意匠法演習 #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 知財検定(3級)過去問などの解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 12回 #回:end#
#項目:start# 商標法演習① #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 知財検定(3級)過去問などの解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 13回 #回:end#
#項目:start# 商標法演習② #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 知財検定(3級)過去問などの解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 14回 #回:end#
#項目:start# 廣田 #項目:end#
#担当者:start# 著作権法演習① #担当者:end#
#授業内容:start# 知財検定(3級)過去問などの解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回L:start# 15回 #回:end#
#項目L:start# 著作権法演習② #項目:end#
#担当者L:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容L:start# 知財検定(3級)過去問などの解説 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3:end#
#表4:start#3#表4:start2#
#到達目標:start# 職務発明、特許権の均等論侵害、特許権侵害訴訟における否認と抗弁、実用新案法の特徴、意匠権・商標権・育成者権・著作権の侵害、不正競争行為、営業秘密、映画の著作物等、優先権、国際出願制度につき、説明できる。 #到達目標:end#
#評価基準:start#レポートの提出状況・内容を総合的に判断して評価し、欠席は減点とする。#評価基準:end#
#準備学習:start#毎回の講義を復習しておくこと。#準備学習:end#
#その他:start# 「知的財産論I」を受講していなくても受講可能だが、知的財産の基礎知識があることが望ましい。就職先に知財業界も視野に入れてもらいたい。 ※なお、履修登録者が5名未満の場合は開講しない。テキスト・資料は必要に応じて配布する。 #その他:end#
#表4:end#
#表5:start#1#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#(なし)#書名:end#
#著者名:start##著者名:end#
#出版社名:start##出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start#参考書#分類:end#
#書名L:start#(なし)#書名:end#
#著者名L:start##著者名:end#
#出版社名L:start##出版社名:end#
#定価L:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start#知的財産論Ⅲ#科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#2単位#単位:end#
#単位認定者:start# 廣田浩一  #単位認定者:end#
#授業期間:start# #授業期間:end#
#科目分担者:start##科目分担者:end#
#授業形態:start# 週1コマ #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# 研究開発に必要な技術特許情報を調査し、分析し、研究開発に活かせるようにする。研究開発成果につき、特許出願書類を作成し、特許化できるようにする。また、特許抵触性の判断ができるようにする。 #教育目標:end#
#教育内容:start# 特許調査方法を説明する。特許出願書類の作成の仕方と、特許出願手続の実際の実務とを、事例を用いて説明をし、実際に特許出願書類の作成を行ってみる。 #教育内容:end#
#教育方法:start# 原則、プリント等を用いて、板書しながら、実際の業務も紹介しながら説明を進め、必要に応じて参考書を用いて補足説明をする。 #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#16#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 1回 #回:end#
#項目:start# 特許出願の書類 #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 特許請求の範囲、明細書など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 2回 #回:end#
#項目:start# 特許要件 #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 新規性、進歩性、記載要件など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 3回 #回:end#
#項目:start# 進歩性判断の実例 #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 進歩性判断の事例検討など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 4回 #回:end#
#項目:start# 特許出願・審査手続 #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 拒絶理由通知対応など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 5回 #回:end#
#項目:start# 発明の把握と表現 #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 研究開発成果の把握と表現の仕方 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 6回 #回:end#
#項目:start# 特許調査(先行技術調査) #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 特許調査の方法と調査結果の分析 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 7回 #回:end#
#項目:start# 実際に特許出願書類を作成する① #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 特許請求の範囲 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 8回 #回:end#
#項目:start# 実際に特許出願書類を作成する② #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 明細書 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 9回 #回:end#
#項目:start# 拒絶理由通知に応答する① #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 手続補正書 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 10回 #回:end#
#項目:start# 拒絶理由通知に応答する② #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 意見書 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 11回 #回:end#
#項目:start# 特許権の侵害 #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 文言侵害、均等論侵害、間接侵害 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 12回 #回:end#
#項目:start# 特許権の侵害者に権利行使をする #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 差止請求、損害賠償請求など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 13回 #回:end#
#項目:start# 特許権の行使に対抗する① #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 否認、抗弁など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 14回 #回:end#
#項目:start# 廣田 #項目:end#
#担当者:start# 特許権の行使に対抗する② #担当者:end#
#授業内容:start# 否認、抗弁など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回L:start# 15回 #回:end#
#項目L:start# 特許権の行使に対抗する③ #項目:end#
#担当者L:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容L:start# 否認、抗弁など #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3:end#
#表4:start#3#表4:start2#
#到達目標:start# 独りで特許性の判断を行うことができるようにする。独りで特許権侵害の判断を行うことができるようにする。 #到達目標:end#
#評価基準:start#レポートの提出状況・内容を総合的に判断して評価し、欠席は減点とする。#評価基準:end#
#準備学習:start#毎回の講義を復習しておくこと。知財についてのニュースに興味を持ち、考えてみること。#準備学習:end#
#その他:start# 知的財産論I,Ⅱを受講していなくとも受講可能。理系人材が知財(特許)実務を行うのが最適であること、知財実務は企業における最重要業務であることを実感してもらいたい。就職先に知財業界も視野に入れてもらいたい。 ※なお、履修登録者が5名未満の場合は開講しない。テキスト・資料は必要に応じて配布する。 #その他:end#
#表4:end#
#表5:start#1#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#(なし)#書名:end#
#著者名:start##著者名:end#
#出版社名:start##出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start#参考書#分類:end#
#書名L:start#(なし)#書名:end#
#著者名L:start##著者名:end#
#出版社名L:start##出版社名:end#
#定価L:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#
#科目名:start#知的財産論Ⅳ#科目名:end#
#学科対応:start#
(専門科目)
#学科対応:end#
#表1:start#
#単位:start#2単位#単位:end#
#単位認定者:start# 廣田浩一  #単位認定者:end#
#授業期間:start# #授業期間:end#
#科目分担者:start##科目分担者:end#
#授業形態:start# 週1コマ #授業形態:end#
#表1:end#
#表2:start#
#教育目標:start# 知財の事例について論点を整理し、自ら解決できるようにする。 #教育目標:end#
#教育内容:start# 多数の実例を用いて、論点・ポイントをグループで協議しながら検討してみる。 #教育内容:end#
#教育方法:start# 原則、プリント等を用いて、板書しながら、説明を進め、必要に応じて参考書を用いて補足説明をする。 #教育方法:end#
#表2:end#
#表3:start#16#表3:start2#
#表3ヘッダ行:start#
#回ヘッダ:start#回#回ヘッダ:end#
#項目ヘッダ:start#項  目#項目ヘッダ:end#
#担当者ヘッダ:start#担当者#担当者ヘッダ:end#
#授業内容ヘッダ:start#授業内容#授業内容ヘッダ:end#
#表3ヘッダ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 1回 #回:end#
#項目:start# 事例①特許係争① #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 係争事例での論点整理、解決法の検討 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 2回 #回:end#
#項目:start# 事例①特許係争① #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 係争事例での論点整理、解決法の検討 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 3回 #回:end#
#項目:start# 事例②特許係争② #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 係争事例での論点整理、解決法の検討 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 4回 #回:end#
#項目:start# 事例②特許係争② #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 係争事例での論点整理、解決法の検討 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 5回 #回:end#
#項目:start# 事例③特許係争③ #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 係争事例での論点整理、解決法の検討 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 6回 #回:end#
#項目:start# 事例③特許係争③ #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 係争事例での論点整理、解決法の検討 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 7回 #回:end#
#項目:start# 事例④商標・不正競争係争① #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 係争事例での論点整理、解決法の検討 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 8回 #回:end#
#項目:start# 事例④商標・不正競争係争① #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 係争事例での論点整理、解決法の検討 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 9回 #回:end#
#項目:start# 事例⑤商標・不正競争係争② #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 係争事例での論点整理、解決法の検討 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 10回 #回:end#
#項目:start# 事例⑤商標・不正競争係争② #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 係争事例での論点整理、解決法の検討 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 11回 #回:end#
#項目:start# 事例⑥著作権係争① #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 係争事例での論点整理、解決法の検討 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 12回 #回:end#
#項目:start# 事例⑥著作権係争① #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 係争事例での論点整理、解決法の検討 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 13回 #回:end#
#項目:start# 事例⑦著作権係争② #項目:end#
#担当者:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容:start# 係争事例での論点整理、解決法の検討 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回:start# 14回 #回:end#
#項目:start# 廣田 #項目:end#
#担当者:start# 事例⑦著作権係争② #担当者:end#
#授業内容:start# 係争事例での論点整理、解決法の検討 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3データ行:start#
#回L:start# 15回 #回:end#
#項目L:start# 総括 #項目:end#
#担当者L:start# 廣田 #担当者:end#
#授業内容L:start# 係争事例での解決法の確認 #授業内容:end#
#表3データ行:end#
#表3:end#
#表4:start#3#表4:start2#
#到達目標:start# 知財の事例について論点を整理し、自ら解決できるようにする。 #到達目標:end#
#評価基準:start#レポートの提出状況・内容を総合的に判断し、欠席は減点とする。#評価基準:end#
#準備学習:start#毎回の講義を復習しておくこと。知財に関するニュースについて興味を持ち、考えてみること。#準備学習:end#
#その他:start# 知的財産論I~Ⅲを未受講でも受講可能。知的財産論Ⅲを受講していると望ましい。 理系人材が知財実務を行うのが最適であること、知財実務は企業における最重要業務であることを実感してもらいたい。就職先に知財業界も視野に入れてもらいたい。 ※なお、履修登録者が5名未満の場合は開講しない。テキスト・資料は必要に応じて配布する。 #その他:end#
#表4:end#
#表5:start#1#表5:start2#
#表5ヘッダ行:start#
#分類ヘッダ:start##分類ヘッダ:end#
#書名ヘッダ:start#(書 名)#書名ヘッダ:end#
#著者名ヘッダ:start#(著者名)#著者名ヘッダ:end#
#出版社名ヘッダ:start#(出版社名)#出版社名ヘッダ:end#
#定価ヘッダ:start#(定 価)#定価ヘッダ:end#
#表5ヘッダ行:end#
#表5データ行:start#
#分類:start#教科書#分類:end#
#書名:start#(なし)#書名:end#
#著者名:start##著者名:end#
#出版社名:start##出版社名:end#
#定価:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5データ行:start#
#分類L:start#参考書#分類:end#
#書名L:start#(なし)#書名:end#
#著者名L:start##著者名:end#
#出版社名L:start##出版社名:end#
#定価L:start# #定価:end#
#表5データ行:end#
#表5:end#
#改ページ#